hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 1位は、HF/50MHz帯固定機「IC-7610」の価格と発売時期をアイコムが正式発表!--2017年3月12日(日)~3月18日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10


1位は、HF/50MHz帯固定機「IC-7610」の価格と発売時期をアイコムが正式発表!--2017年3月12日(日)~3月18日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のランキング1位は、アイコム株式会社が昨年8月の「ハムフェア2016」で参考出品し、大きな反響を呼んだHF/50MHz帯固定型トランシーバー「IC-7610」の価格と発売時期について、3月16日に正式発表があったというニュースだ。RFダイレクト・サンプリング方式を採用した「IC-7610」は、ハムフェア会場でセンセーショナルに展示されたあと、同社イベントで開発中モデルが展示されたものの、価格はまったくわからず期待が高まっていた。同社最上位機種「IC-7851」と同様、強力な不要電波を排除するDIGI-SELユニットをメイン・サブの両方に内蔵、両バンドのリアルタイムスペクトラムスコープを実現し368,000円(税別)という希望小売価格には驚きの声もあがった。発売開始は2017年5月を予定している。

 

 

 

 

 2位と3位は、偶然にも総務省がまとめた“非常通信におけるアマチュア無線の役割り”についてだった。2位は「<ボランティアという位置づけだが、免許人が状況に応じて柔軟に>総務省、『アマチュア局による非常通信の考え方』を公表」。総務省が2014年10月24日に「アマチュア局による非常通信の考え方」を公表もので、非常通信は「免許状の目的などにかかわらず運用することができ、その判断は免許人であるアマチュア無線家自身に任されている」としている。3位は<「アマチュア無線の活用体制を整備」と明記>総務省、防災関係業務に携わる者を対象とした『非常通信確保のためのガイド・マニュアル』」。こちらは、行政機関、地方公共団体、企業などにおいて防災関係業務に携わる者を対象に、災害等発生時における非常通信の確保に必要な措置について解説した「非常通信確保のためのガイド・マニュアル」を3月15日に同省Webサイト上で公表し、「アマチュア無線等による移動通信系の活用体制について整備しておくこと」「アマチュア無線の活用は、ボランティアという性格に配慮すること」と、日ごろからの備えが大切であると明記している。

 

 4位はアマチュア無線用の鉄塔「CQタワー」で知られる株式会社ワカマツが、2017年3月末をもってすべての業務を終了することを報じたhamlife.jpの独自取材記事。同社は1969年に創業。長く「ワカマツ製作所」という名称だったが、2012年1月に現社名へ変更した。上部に作業用ステージを取り付けられる自立型四角タワー(CTSシリーズ)やクランクアップタワーのCCTシリーズ、ポールタワーのCTシリーズ、さらにはアパマンハム向けのベランダ用金具などが人気を博し、近年は業務用無線局やコミュニティFM局のアンテナタワーなども手がけていて、アマチュア無線家の愛用者も多い。すでに同社は長年加入していた業界団体であるJAIA(日本アマチュア無線機器工業会)を退会しており、現在開設されているWebサイトも閉鎖する予定だということだ。4月以降、既存ユーザーへのサポートや保守パーツについては株式会社エフティアイ(東京都八王子市)が相談窓口となるという。

 

 

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

 

1)<発売開始は5月予定>アイコム、HF/50MHz帯の固定機「IC-7610」を正式発表、価格は368,000円(税別)

 

2)<ボランティアという位置づけだが、免許人が状況に応じて柔軟に>総務省、「アマチュア局による非常通信の考え方」を公表

 

3)<「アマチュア無線の活用体制を整備」と明記>総務省、防災関係業務に携わる者を対象とした「非常通信確保のためのガイド・マニュアル」を公表

 

4)<すでにJAIAを退会>「CQタワー」の株式会社ワカマツ、3月末ですべての業務を終了

 

5)<特集は「ジャンル別コンテストの楽しみ方」>CQ出版社が月刊誌「CQ ham radio」2017年4月号を刊行

 

6)<JR東日本に厳重注意!>東北総合通信局、不法に鉄道業務に関する無線局を開設した茨城県・水戸支社の社員(一級陸特)を68日間の行政処分

 

7)<海外を含む6局とのQSOに成功!>口径10mの太陽電波観測用パラボラアンテナを利用した430MHz帯月面反射通信(EME)実験

 

8)<トランシーバーなど新たに41機種が基準超え!>総務省、電波の強さの測定を行う「平成28年度無線設備試買テストの中間結果報告(3月期)」を3月15日に公表

 

9)<音信不通だったあの局のコールサインが見つかるかも!?>昨年より138局少ない!DX局、SWLを含め7,471局分、「2017(第70回)QSOパーティ ログ提出局一覧」発表

 

10)<お馴染みの女性タレント3名が出演>JARLとJAIA、青少年向け「アマチュア無線PR動画」3本を制作し、今日からYouTubeで公開!!

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】