hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2022QSOパーティ

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <5月1日(月)から2か月間>KSTラジオくらぶ、18/50MHz帯で全国の都市基幹公園周辺局との交信&移動運用を楽しむ「PKアワードマラソンコンテスト」開催

<5月1日(月)から2か月間>KSTラジオくらぶ、18/50MHz帯で全国の都市基幹公園周辺局との交信&移動運用を楽しむ「PKアワードマラソンコンテスト」開催

各地の都市基幹公園(「総合公園」「運動公園」など)からリストアップした公園、またはその周辺に移動している局、周辺の固定局と交信、または移動運用すると得られる「公園アワード」を発行するKSTラジオくらぶは、2017年5月1日(月)0時から6月30日(金)23時59分までの2か月間にわたり、日本国内のアマチュア局を対象に18/50MHz帯で「PK(PARK=公園)アワードマラソンコンテスト」開催する。なお「公園アワード」同様、“自己完結型”を提案しているため、参加賞や各種の賞状などは自身で製作し発行してほしいと案内している。

 

申請不要の“自己完結型”を提案する「公園アワード」に続き、最低20局以上と全国の都市基幹公園周辺局との交信&移動運用を楽しむ「PKアワードマラソンコンテスト」を開催!

 

 

 参加部門は18/50MHz帯それぞれ、「移動局の部(PKナンバーを持つ移動局)」と「通常局の部(PKナンバーを持たない移動局/通常の固定局/PKナンバーを持つ固定局)」の2つ。「移動局の部」は2か月間あるコンテスト期間中、任意の3日間を対象として、異なる公園で1日1移動運用で得点計算する。

 

 呼出し方法はとくに定めず、通常の交信(移動局のみ移動地の「PKナンバー」を告知すること)を行う。得点の計算は通常の完全に行われた交信を1点とし、「通常局の部」の場合、単純に2か月間の異なる公園とのQSOを数える。日時や局が異なっても同一公園は得点とならない。

 

 なお各部門とも重複して参加することは可能だが、最低20局以上で申請すること。ログの提出は7月31日(月)まで。詳しくは「PKアワードマラソンコンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

「PKアワードマラソンコンテスト」の規約(一部抜粋)

「PKアワードマラソンコンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

↓この記事もチェック!

 

<申請不要の“自己完結型”を提案>KSTラジオくらぶ、全国の都市基幹公園周辺局との交信を楽しむ「公園アワード」を制定

 

 

 

●関連リンク:
・PKアワードマラソンコンテスト規約
・「PKアワードマラソンコンテスト2017」賞状(PDF形式)
 ※発表時には内容が変更できるワードファイルに変更
・公園アワード(KSTラジオくらぶ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)