hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <運用希望者には機材貸し出しOK!>7月後半から九州県内の高校生&大学生による運用を計画、QRPデー記念局「8J6VLP」追加情報

<運用希望者には機材貸し出しOK!>7月後半から九州県内の高校生&大学生による運用を計画、QRPデー記念局「8J6VLP」追加情報

今年も「QRPデー」を記念して、基本出力が5WというQRPデー(JARL特別)記念局「8J4VLP」「8J6VLP」「8J8VLP」「8J9VLP」の4局が各エリアからサービスを行っている。今回、九州エリア「8J6VLP」運営スタッフの1人、JA6UFF・税田氏から、同局に関する追加情報がhamlife.jpへ届いたので紹介しよう。

 

 

 

 昨年は平成28年熊本地震の影響により、当初予定していた運用開始時期が少し遅れてしまった「8J6VLP」だったが、今年は予定通り順調にスタートすることができたという。

 

 運用開始を記念して宮崎県の観光名所「青島」からもQRVを行った。青島は有人島ではあるものの、住民が青島神社の関係者なので事前に許可申請が必要なため、所定の手続きを行い4月28日(金)に無事運用が行われたという。

 

 

 今回届いた「8J6VLP」に関する追加情報は以下のとおり。

 

 

・8J6VLPはほかのQRPデーJARL特別記念局に比べて運用期間(免許期間)が長い。これは、「特別記念局」の運用という機会を利用して一人でも多くの若者たちへ、アマチュア無線の経験を広げてもらいたいという理由からで“夏休み期間”を含めた期間として申請した。

 

・7月後半から九州県内の高校生、大学生による運用を計画している。運用について希望があれば問い合わせてほしい。

 

・現在の「8J6VLP」は移動局のみ。機材は運営委員が毎年の「8J6VLP」だけのために用意した装置で申請している。今年は八重洲無線・FT-817などを含め約10台の無線機の準備がある。

 

・運用希望者は機材の貸し出しが可能なので、8J6VLPのWebサイトから依頼してほしい。

 

・それらの機材を用い、異なる地点からの同時運用も可能だが、混乱を避けるために同時運用を避けている。例外的に運用されているのは、APRS用の八重洲無線・VX-8を使用したビーコン「8J6VLP-9」のみである。

 

 

 

●各エリアの運用期間

 

8J4VLP(JARL特別記念局):4月29日(土)~6月30日(金)

 

8J6VLP(JARL特別記念局):4月26日(火)~7月31日(月)

 

8J8VLP(JARL特別記念局):4月26日(水)~6月30日(金)

 

8J9VLP(JARL特別記念局):4月26日(水)~6月30日(金)

 

 

 

↓こちらのhamlife.jp記事もチェック!

 

<QRP局(基本出力5W)だから電信メイン?&発見困難!?>QRPデー記念局「8J4VLP」「8J6VLP」「8J8VLP」「8J9VLP」が各地から運用

 

 

 

●関連リンク:
・8J6VLP
・8J4VLP
・8J8VLP
・8J9VLP
・特別局及び特別記念局の開設基準(JARL/PDF形式)
・The JARL QRP Club

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)