hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <スペクトラム/ウォータフォール表示への機能追加など>5月21日、コンテスト用ロギングソフトウェア「CTESTWIN」がVer4.12にバージョンアップ!

<スペクトラム/ウォータフォール表示への機能追加など>5月21日、コンテスト用ロギングソフトウェア「CTESTWIN」がVer4.12にバージョンアップ!

JI1AQY・堀内氏が作成したWindows版のコンテスト用ロギングソフトウェア(ログ管理ソフト)「CTESTWIN」は、コンテスト中のログ記入はもちろん、各コンテストのルールに準拠しての得点計算やハムログへのデータ転送機能などを装備し、使い勝手の良さでJAコンテスターから高い評価を得ている。2017年5月21日、その最新版として約2か月ぶりにVer4.12がリリースされた。

 

コンテスト用ロギングソフト「CTESTWIN Ver.4.12」のダウンロードページ

 

 

「CTESTWIN Ver4.12」の改良点は以下のとおり。

 

 

・大分コンテスト2017年規約に対応(但し、制約有り)。それに伴い旧ルールコンテストの大分コンテストを削除
・福岡コンテストの規約変更により2016年以前の規約を旧ルールコンテストに移動(新規約はユーザ定義コンテストにて対応)
・HOLYLAND CONTESTの規約通り動作するよう修正(マルチにグリッドスクエア追加、CW.Phone,DigitalでそれぞれQSO可能)、他バンドでQSO済みの時はナンバーを自動入力するようにした
・MMVARIのスペクトラム/ウォータフォール表示の横軸目盛にトーン周波数またはリグ周波数を選択できる機能追加
・MMVARIで受信したコールサインをスペクトラムの中央に表示する機能追加
・MMTTYの制御文字に$l(直前にQSOした局のコールサインを送信する)を追加
・MMTTYのコールサインチェックを改善(数字が1文字もない、頭が数字3文字、後ろが数字3文字、頭がJCC,JCGをコールとして見なさない)
・RTTYのメッセージF7の初期値を変更
・VOLTA RTTYコンテストで、ナンバーを括弧つきで送ってきた場合、括弧を削除する処理追加
・HAMLOGファイル出力にコンテスト名を備考に追加する機能追加
・リグコントロールにてCTESTWIN終了時にAIモードをOFFするコマンドを発行するようにした(JRC,Kenwood,K3及びYAESU新リグのみ)
・周波数リストが最小化(アイコン)で起動した時に、CTESTWINがアクティブウインドウになるようにした
・リグバンド切替ダイアログで、縦横比率により設定/表示変更ボタンが表示されない不具合を修正
・TS-990で追加されたモードコマンド(「OM」の読み取りのみ)を追加
・Telnetでdupe局は周波数リスト/BandMapに流し込まない機能を追加
・前回のTelnet接続先を各サブページごとに復元できるようにした
・複数行編集で、Dupeの場合に既に備考欄にDupeと記載済みの場合は追加しないようにした
・グリッドロケータが登録されていない局のみのQSOデータをTXT形式でファイル出力する機能追加
・USBIF4CWの内蔵キーヤのPTT制御をCTESTWINの設定に合わせるようにした(PTT制御有無、送信前、送信後ディレイ)
・JARL電子ログ作成にて、2波種目に参加した場合の記載を送信波系列1→0、送信波系列2→1に変更、複数行編集に送信波系列の追加機能を追加
・JARLログシート及び電子ログ出力で、オペレータ名を出力する/しないを選択できるようにして、出力しないを初期値にした
・OFFLINE入力で、オペレータ名を選択した時に入力した情報が消えないようにした.。タブの移動先を変更
・Ctrl+Kを押した時に、キー入力でCW送信を開くようにした
・MMVARI 設定ダイアログのメモリーリークを修正

 

 

 詳しくは下記の関連リンクから確認してほしい。

 

 

●関連リンク:
・コンテスト用ロギングソフト「CTESTWIN Ver.4.12ダウンロード
・「CTESTWIN」機能紹介
・「CTESTWIN」対応コンテスト一覧

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」