hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <2年前に「8N3HO」から交信!!>油井宇宙飛行士とARISSスクールコンタクトで交信した子供たち、KANHAM2017会場で“再会”へ


<2年前に「8N3HO」から交信!!>油井宇宙飛行士とARISSスクールコンタクトで交信した子供たち、KANHAM2017会場で“再会”へ

2年前の2015年8月、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の油井亀美也宇宙飛行士(KG5BPH)とARISSスクールコンタクトで交信した大阪府豊中市の子供たち15名が、7月15日(土)に行われる「第22回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2017)」の会場で同宇宙飛行士と“再会”する。朝日新聞デジタルが13日に報じた。

 

 

JAXA宇宙飛行士 油井亀美也氏(KG5BPH)の講演会ポスター

 

 

 朝日新聞デジタルによると、KANHAM2017の会場で油井亀美也宇宙飛行士と再会するのは、2015年8月18日にARISSスクールコンタクトで交信した、大阪府豊中市立東丘小学校(当時のコールサインは「8N3HO」)の子供たち15名。

 

 当時、小学校4~6年生だった15人はISSが豊中市上空を通過する約10分間に「宇宙で一番きれいなものは何ですか」「宇宙人はいると思いますか」など23問の質問をアマチュア無線を通じて行い、油井宇宙飛行士の回答は集まった約600人が聴き入ったという。

 

 その後も同小学校と油井宇宙飛行士の交流が続いていたが、今年5月にKANHAMのイベントに同飛行士が来場することが決まり、関西ARISSプロジェクトチームのメンバーが東丘小学校に連絡、2年前に交信した15名を招待することになったもの。

 

 講演会当日は、開始前に油井宇宙飛行士と15人の交流会が行われ、講演会でも「2年前に無線交信した子供たち」として紹介される予定という。

 

 

 

●関連リンク:
・宇宙の油井さんと交信 地球で2年後「再会」へ(朝日新聞デジタル:一部有料記事)
・油井亀美也講演会「宇宙に届け!私たちの夢と希望」(関西アマチュア無線フェスティバル)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】