hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <15年間の歴史にピリオド>八重洲無線、「WIRES-II」のサービスを9月30日で終了へ


<15年間の歴史にピリオド>八重洲無線、「WIRES-II」のサービスを9月30日で終了へ

八重洲無線株式会社は2017年7月14日、同社が2002年から行ってきたインターネット利用のVoIP通信システム「WIRES-Ⅱ(ワイヤーズ・ツー)」のサービスを今年9月30日をもって終了することを発表した。後継システムである「WIRES-X(ワイヤーズ・エックス)」のサービスは今後も継続する。

 

 

八重洲無線のWIRES-Ⅱサイト。7月14日17時現在、サービス終了については記載がない

 

 

 WIRES-Ⅱは八重洲無線が提唱する、インターネットを使ったアマチュア無線のVoIP中継システム。インターネットに接続したパソコンと無線機を専用コントローラー(HRI-100)を介して接続、八重洲無線に登録することで手軽にノード局の開設が行える。DTMFを装備したハンディ機などから最寄りのノード局経由で全世界との交信も可能で、2002年8月の開始以来430MHz帯FMモードを中心に多数のノード局が開設された。

 

 その後2014年には、C4FMデジタルモードと親和性が高い後継システム「WIRES-X」が登場。同社がWIRES-Ⅱのノード局をWIRES-Xにリプレイスする施策を取ったこともあり、現在の主流はWIRES-Xになり、全世界で6,000局以上のノード局が開設されている。

 

 こうした流れから、同社は2017年7月14日付けのメールマガジンでWIRES-Ⅱのサービス(八重洲無線によるサーバーの運営)を9月30日で終了することを発表したもの。同社は「今後はWIRES-Xをご利用頂きますようにお願い致します」と呼びかけている。

 

八重洲無線が7月14日に配信したメールマガジンより

 

 

●関連リンク:
・WIRES-Ⅱ(八重洲無線)
・WIRES-X(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】