hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <「3万円割引を22歳以下まで拡大」など内容刷新!!>JARD、2017年10月期の2アマ養成課程講習会(eラーニング短縮コース)の募集を開始


<「3万円割引を22歳以下まで拡大」など内容刷新!!>JARD、2017年10月期の2アマ養成課程講習会(eラーニング短縮コース)の募集を開始

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は7月31日、2017年10月期の「第二級アマチュア無線技士養成課程講習会(eラーニング短縮コース)」の募集を開始した。今回から若年層の受講料3万円割引を「22歳以下」に拡大したほか、開講後10日間はキャンセル可能(半額返金)、最短3週間で修了可能、スマホやタブレットのみで受講可能といった刷新が図られた。今回の募集定員は150名、うち22歳以下減額措置対象枠は最大15名、申し込み締め切りは8月27日となっている。

 

 

 

 

 3アマ資格所持者を対象にJARDが行う「第二級アマチュア無線技士養成課程講習会(eラーニング短縮コース)」は、2015年7月期から3か月おきに開講し、平成28年度(2016年4月期、7月期、10月期、2017年1月期)は4回合計で737名が受講、このうち604名が受講期限までに修了試験の受験を果たし、うち585名が合格して「2アマ」の免許証を手にした。修了率(合格者/受講者)は79%、修了試験の合格率(合格者/失格者を除く受講者)は97%と前年度と同レベルの好結果となっている(詳細は関連リンクのJARD発表参照のこと)。

 

 JARDの発表によると、今回募集が始まった2017年10月期から、利便性向上のため次のような内容刷新が図られた。

 


 

◆スマホまたはタブレットのみで受講できます
 スマホやタブレットは、なるべく大きい画面のものを推奨します。また当協会としては、パソコンを基本に、スマホやタブレットは補助的に利用されることを推奨します。

 

◆最短3週間で修了できます
 修了試験受験までの期間を1週間短縮し「3週間」とします。

 

◆22歳以下の方まで受講料を割引きます
 大学生相当の皆さまの受講促進のため、受講料割引制度の適用年齢をこれまでの18歳以下から22歳以下に拡大します。
(この措置は今後2年半程度、eラーニングのみに適用されます)

 

◆開講後10日間はキャンセル(半額返金)ができます
 お申し込み後、長期出張などやむを得ない事情で受講が困難となった場合には、開講後10日以内であればキャンセル(半額返金)ができます。

 


 

 今回募集される2017年10月期の募集定員は従来同様150名。このうち22歳以下の減額措置対象者がいた場合は、定員のうち最大15名までの範囲で優先して割り当てとなる。申し込みはWebで7月31日(月)から開始され、8月27日(日)まで行われている。以下に募集概要を抜粋しよう。

 

●募集概要

・募集期間:平成29年7月31日(月)~8月27日(日)

 

・申し込み方法:オンラインによる申し込みフォーム

 

・定員:150名(このうち15名は、22歳以下減額措置対象枠を含む)
 ※22歳以下の減額措置対象者がいた場合は、定員のうち最大15名までの範囲で優先して割り当てます。
 ※平成29年10月期から試行的に減額措置の対象年齢を22歳までに拡大します。この措置は今後2年半程度、eラーニングのみに適用されます。
 ※今回、定員を超えるお申込みがあった場合、抽選で受講者を決定します。

 

●受講者の条件

・第三級(電信級)アマチュア無線技士の従事者免許証の資格を有する方。または、JARD発行の第三級アマチュア無線技士養成課程修了試験結果通知書をお持ちの方。ただし欠格事由のある方は、今回のお申込ができません。

 

・インターネット環境があり、簡単なパソコン操作(Webサイト閲覧、メールの送受信等)が可能な方。

 

 

●受講料

・49,750円(無線従事者免許申請手数料1,750円及び消費税を含む)

 

※大学生相当の皆さまが上級資格の養成課程を受講しやすくするため、これまで18歳以下の方に適用していた受講料減額措置の対象年齢を、平成29年10月期から満22歳以下の方まで拡大します(この拡大措置は今後2年半程度、eラーニングにのみ適用する予定です)

※適用人数は、養成課程講習会ごとに定員の1割(15名)とし、応募多数の場合は抽選とします。

・減額後の受講料等:19,750円

 

 

●キャンセル・修了試験の再受験

・開講月の前月15日23時59分までに、お申し込みの際登録いただいたメールアドレスからお申し出があった場合は、全額返金(振込手数料を差し引き)します。

 

・開講の前月16日から開講月の10日23時59分までに、お申し込みの際登録いただいたメールアドレスからお申し出があった場合は、半額返金(振込手数料を差し引きます)します。

 

・修了試験の再受験を受験される場合は、再受験料5,000円が別途必要となります。

 

 

●授業科目と受講期間

・法規17時間、無線工学29時間

 

・ 受講開始から修了試験までの受講期間を標準3か月、最短で3週間、最長でも6か月以内とします。

 

 JARDは「eラーニングの講習会は、受講期間内であれば好きな時間にご自宅等のパソコン等から講習会を受講することができ、ご自身のペースで無理なく学習を進められます。 遠方の方やご多忙の方におすすめです」と告知している。

 

 

 

●関連リンク:
・eラーニングがさらに受講しやすくなります(JARD)
・2アマeラーニング 平成29年10月期募集案内(JARD)
・平成28年度における二アマ養成課程の実施状況(JARD)

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」