hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ライセンスフリー無線 > <著名フリラーの1人が自身の使いやすさを追求!>ライセンスフリー無線向けオリジナル「業務日誌(ログブック)」を頒布


<著名フリラーの1人が自身の使いやすさを追求!>ライセンスフリー無線向けオリジナル「業務日誌(ログブック)」を頒布

動画サイトYouTube「アタックチャンネル」でアクティブにライセンスフリー無線の楽しさを発信しているミエAC129(ハンドルネーム「アタック」氏)が、自身のために交信記録を書き留める「業務日誌(ログブック)」を印刷会社に頼んで作成。希望者に1冊500円での頒布を開始した。「過去にはJARL発行のアマチュア無線局用業務日誌を使用していましたが、記録する項目欄が使いにくかったのでワードで作り直し、誰でもプリントして利用でくるようにデータを公開していました。今回、ログブック自体が欲しいと言う声があったので、印刷会社に頼み本格的なものを作り希望者にお分けします」とアタック氏は述べている。

 

動画サイトYouTube「アタックチャンネル」で、ライセンスフリー無線の楽しさを広く発信している、ミエAC129 アタック氏。ファンも多く、この動画を見てライセンスフリー無線を始めたフリラーも少なくない

1冊は25ページ。1ページに20局分の交信データが記録でき、全部で500交信分となる。サイズは大学ノートと同じB5判。「リング式ファイル」仕様なので開きやすい

 

 

 著名フリラー(ライセンスフリー無線愛好者)の1人、ミエAC129 アタック氏。動画サイトYouTube「アタックチャンネル」で、ライセンスフリー無線の楽しさを広く発信しているので、ファンも多くご存じの方も多いだろう。

 

 そのアタック氏が、自身が使いやすいようにライセンスフリー無線に特化し、データ欄などを工夫した「業務日誌(ログブック)」を作成。サイズはB5判、25ページ仕様。1冊500円で頒布する。

 

 表紙の裏面には、フォネティックコードやモールス符号などを印刷。交信日時やコールサイン、RSリポートのほかに自分の移動運用地を記入する欄も加えて、主に移動運用が中心のライセンスフリー無線を意識し、ドコとドコで交信したかわかるよう枠を設けている。

 

 

表紙の裏面にはフォネティックコードやモールス符号などが印刷されている

 

 

 ライセンスフリー無線は「CB無線/市民ラジオ(CB)」「特定小電力無線(特小)」「デジタル簡易無線(デジ簡)」でジャンルが分けられているため、ログブックでは「CB=27」「特小=422」「デジ簡=351」と、それぞれの周波数帯で判別できるようにした。

 

 サイズは大学ノートサイズのB5判。1ページに20交信の記入が可能で、25ページつづりの1冊500交信書き込める。「リング式ファイル」仕様で無線の運用時でも開閉がスムーズだ。

 

 

交信日時やコールサイン、RSリポートのほかに自分の移動運用地を記入する欄や、移動運用を意識してどこの地点とどこの地点で交信したかわかるように項目を設けているのも、今回作成したフリラー向けログブックの特長だ

 

 

 購入方法などは下記関連リンク「フリラ用ログブック」で確認してほしい。

 

 

●関連リンク:
・フリラ用ログブック(ミエAC129 Yahoo!ブログ) 
・YouTube「アタックチャンネル ミエAC129」

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」