hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <保護者を含め約250名が参加!!>子供たちの笑顔が絶えない、JARL主催「WAKAMONOアマチュア無線イベント」会場リポート!!


<保護者を含め約250名が参加!!>子供たちの笑顔が絶えない、JARL主催「WAKAMONOアマチュア無線イベント」会場リポート!!

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は、2017年10月29日(日)に東京・秋葉原で22歳未満を対象とした「WAKAMONO(若者)アマチュア無線イベント」を初開催した。2週続けての台風が接近する悪天候の中、保護者を含め約250名が来場し「無線体験コーナー」や「電子工作教室」などさまざまな企画が行われ、会場は子供たちの歓声に包まれた。

 

 

開場直後の受付は大混雑となった

 

 

 2017年3月現在、JARL正員(56,265名)の中で最も会員数が多い年齢は「66~70歳」の11,222名で、次いで「61~65歳(10,126名)」、「56~60歳(8,812名)」、「51~55歳(7,583名)」となっている。全体的に46歳以上から80歳に正員が集中し、40歳以下は合算しても3.3%(1,863名)に過ぎず、特に25歳以下の青少年はわずか1.2%(690名)という、組織の将来に不安のある状況となっている。

 

JARLの「平成28年度事業報告」に掲載されている2017年3月7日現在の正員と家族会員の年齢構成

 

 JARLは今年度、青少年層のアマチュア無線人口を増やすとともに連盟の会員増強を図るため、22歳未満の入会金と会費を1年間実質無料にする「青少年お試し入会キャンペーン」をはじめ、各種の取り組みを行っている(“お試し入会”をした青少年のうち38%が、その後も会費を支払って会員資格を継続しているという調査結果が出ている)。

 

 今回、JARLの青少年層拡大施策の1つとして、22歳未満を対象とした「WAKAMONOアマチュア無線イベント」が東京・秋葉原の秋葉原UDXで10月29日(日)に初開催された。台風22号が関東地方に接近する中ではあったが、保護者を含めて約250名が来場(事前申し込み者の平均年齢は13.5歳)。子供向けに工夫を凝らした企画や展示の数々が奏功し、子供たちの笑顔と歓声が絶えない楽しいイベントとなった

 

 ではhamlife.jpが会場で撮影・取材した写真を紹介していこう。

 

<会場の雰囲気と各種プログラム>

 

保護者を含めて約250名が来場。事前申し込みにおける子供たちの平均年齢は13.5歳

会場内にはJARLの「青少年お試し入会コーナー」や「入会・会費受付コーナー」が設けられた。当日、お試し入会を申し込んだのは22名、お試し入会中で継続会費を支払ったのは16名だった

各メーカーは、子供たちにも興味を持ってもらいやすい無線機器を展示。自由に触れることができた

子供たちから無線機に関する質問も多く見られた

特定小電力トランシーバーを貸し出し、無線で指示されたブースで確認スタンプを集める「スタンプラリー」も実施し、のべ40名が参加した

特定小電力トランシーバーの貸し出し風景

電子工作教室ではFMラジオの製作に挑戦。3回合計36名の子供たちがラジオを作り上げた

用意されたFMラジオキットと組み立てサンプル品

7K2GMJ 新谷一徳氏による講演「南極昭和基地(8J1RL)と交信しよう」

第一電波工業の小林 航氏による講演「アンテナってなんだろう?~アンテナの種類と選び方~」

八重洲無線の山本貴士氏による講演「アマチュア無線をもっともっと楽しく」

最後のお楽しみ抽選会には、髙尾JARL会長(JG1KTC)がハロウィンの仮装で登場し、会場を盛り上げた

各アマチュア無線機器メーカーや出版社などの協賛もあって多数の賞品が集まり、来場した子供たち全員に行き渡った

目玉賞品のハンディ機2台(ID-31 PLUS、FT-70D)はいずれも小学生が当選した

 

写真の続きは次ページへ!!

 

 

1 2

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」