hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <送受信の品位改善など4項目>アイコム、IC-7610の新ファームウェア「Version 1.03」を公開!!


<送受信の品位改善など4項目>アイコム、IC-7610の新ファームウェア「Version 1.03」を公開!!

アイコム株式会社は2017年11月20日、9月下旬に出荷を開始したHF+50MHz帯固定機「IC-7610」の新ファームウェア、「Version 1.03」を同社サイト上に公開した。内容は「送受信の品位改善」「デュアルスコープ表示時の送信メータ指示値を修正」「AH-4使用時の内蔵アンテナチューナーの動作を修正」など4項目だ。同機種の新ファームウェアは10月12日に公開された「Version 1.01」に次いで2回目となる。

 

 

アイコム・IC-7610(同社プレスリリースより)

 

 

 アイコムのIC-7610はRFダイレクト・サンプリング方式を採用し、リアルタイムスペクトラムスコープを搭載、異なる2バンドの同時受信が可能でRMDR特性に優れたHF+50MHz帯オールモード機だ。2016年のハムフェア会場で電撃発表され、13か月後の2017年9月下旬から出荷が始まった。

 

 今回発表された新ファームウェアの内容は次のとおり。

 

●IC-7610の新ファーム(Version 1.03)

 

おもな変更点:
・デュアルスコープ表示時の送信メータ指示値を修正
・セットモード項目 外部端子>ACC AF/IF出力>「AF/IF XFC中出力選択 (SPLIT ON時)」の初期設定をメインに変更
・AH-4(外部アンテナチューナー)使用時の内蔵アンテナチューナーの動作を修正
・送受信の品位改善

 

 IC-7610のファームアップは、SDカードまたはUSBメモリーを使用して行うことができる(取扱説明書で確認のこと)。書き換え後はバージョン情報の数字が次のように表示されるという。

 

Main CPU: 1.03
Sub CPU: 1.01
Front CPU: 1.00
FPGA: 1.02

 

 詳細は下記関連リンクを参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:ファームウェア/ドライバダウンロード・IC-7610(アイコム)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】