hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ライセンスフリー無線 > <1か月延期も希望者少なく…>ライセンスフリー無線のためのQSLカード転送サービス「A4マニアックス転送倶楽部」の募集を取りやめサービス中止へ


<1か月延期も希望者少なく…>ライセンスフリー無線のためのQSLカード転送サービス「A4マニアックス転送倶楽部」の募集を取りやめサービス中止へ

QSLカード印刷などを手がける「A4マニアックス(サンケイ広伸社)」では、特別な資格が必要なく無線が楽しめる“ライセンスフリー無線”向けのQSLカード転送サービス「A4マニアックス転送倶楽部」の募集を2017年11月1日から開始し、サービスを12月1日からスタートすると告知していたが(その後、サービス開始を1か月延期と告知)、希望者が思うように集まらなかったことから、募集を取りやめサービスを中止すると、12月18日に同社ブログで発表した。

 

 

 

 アマチュア無線の世界では、長年の習慣として交信相手局と行う「QSLカードの交換」。その楽しみ方をライセンスフリー無線の世界でも味わってもらえるように、「A4マニアックス(サンケイ広伸社)」は同社が発足させる会員組織(A4マニアックス転送倶楽部)のメンバーを対象としたQSLカード転送サービスをスタートする予定で準備をしていた(2017年10月23日記事)。

 

 当初は2017年11月1日からメンバー募集を行い、2か月に一度のQSLカードの転送サービスを12月1日からスタートすると告知していたが、希望者が思うように集まらず、1か月スタートを延期すると案内していた。

 

 しかし今回、「希望される方はほとんどおられませんでした」「募集を取りやめ、サービスを行わないこととなりました」として、「A4マニアックス転送倶楽部」を中止することを同社が発表。昨今の個人情報を取り巻く意識の中での“フリラー(ライセンスフリー無線愛好家)”向けQSLカード交換サービスという取り組みだけに、残念な結果に終わった。

 

 

 

 以下、A4マニアックスのブログ「from A4maniax DXing!」から。

 

 


 

「A4マニアックス転送倶楽部」についてお詫び

 

 ■■■「A4マニアックス転送倶楽部」中止のお知らせ■■■

 

 先日からメルマガやブログを案内申し上げていたフリラ向けカード転送サービス「A4マニアックス転送倶楽部」ですが、募集を取りやめ、サービスを行わないこととなりました。
 

 弊社では手を尽くして宣伝、周知に努めましたが。希望される方はほとんどおられませんでした。これではサービスを開始しても、ご入会いただいた方々には全くメリットがなく、ご迷惑をかけてしまうことは必至です。

 
 様々な方にお力添えをいただいたり、拡散をお手伝いいただきましたが、全ては弊社の読み違いによります。また、サービスにご賛同いただき、ご入金をいただいた方々にも、大変なご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。

 
 さらに、全国の何点かの無線機・通信機ショップさんからもお力をいただきました。お手を煩わせてしまったことをお詫び申し上げます。

 
 ご入金をいただいた方々には、2018年1月中には返金申し上げます。

 
 これに懲りず、今後ともどうぞA4マニアックスをよろしくお願いいたします。

 

 

フリラー各局にライセンスフリー無線QSLカードの交換開始をうたう「A4マニアックス転送倶楽部」

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<年会費3,500円(税込)で年6回転送>ライセンスフリー無線のための“QSLカード転送サービス”「A4マニアックス転送倶楽部」11月1日スタート!

 

 

 

●関連リンク:
・「A4マニアックス転送倶楽部」についてお詫び-A4マニアックス転送倶楽部」中止のお知らせ-

・A4マニアックス(サンケイ広伸社)
・オリジナル撮影+印刷(A4マニアックス)
・A4マニアックスfacebook

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)