hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <アイコム機でモード設定時にフィルター指定可能など>12月22日、コンテスト用ロギングソフトウェア「CTESTWIN」がVer4.20にバージョンアップ!

<アイコム機でモード設定時にフィルター指定可能など>12月22日、コンテスト用ロギングソフトウェア「CTESTWIN」がVer4.20にバージョンアップ!

JI1AQY・堀内氏が作成したWindows版のコンテスト用ロギングソフトウェア(ログ管理ソフト)「CTESTWIN」は、コンテスト中のログ記入はもちろん、各コンテストのルールに準拠しての得点計算やハムログへのデータ転送機能などを装備し、使い勝手の良さでJAコンテスターから高い評価を得ている。2017年12月22日、その最新版として5か月半ぶりにVer4.20がリリースされた。

 

コンテスト用ロギングソフト「CTESTWIN Ver.4.20」のダウンロードページ

 

 

「CTESTWIN Ver4.20」の改良点は以下のとおり。

 

・開発環境をVisual Studio 2017に変更
・ICOMのリグでモード設定時にフィルターを指定できるようにした
・RTTYダイアログの最下行に入力したメッセージを1文字毎に逐次送信せず、一括送信する機能追加
・OFFLINE入力機能の以下を修正
 -開いた時にUrRST欄に59/599を入力するようにした
 -開いた時に、既にデータがある場合は最後のデータのバンド・モードを初期値にするようにした
 -カーソルが「月」にある場合にEnterまたはTABキーを押した時に「時」にフォーカスを移動するようにした
・JAGコンテストの特別局をJAG.MDファイルに記述できるようにした
・CTESTWIN終了時にログが保存されていないときのメッセージを変更
・1局ごとに保存する設定がされていて、ログファイル名を指定していない時に保存毎に警告表示を追加
・CWとRTTYのメーッセージ保存の引数間違いを修正
・Telnetホスト名のコメントの読み込みの不具合を修正
・関数の引数間違いを修正
・1行編集終了後に、行の選択状態を解除するようにした
・running modeで2つのリグを接続した時に、選択していないリグの周波数が誤って備考に記録されるバグを修正
 上記は、現時点ではICOM及びKenwoodの新しいリグ(AIモードでFA/FBコマンドを送ってくる)のみ対応
・running mode中にコールサインにピリオドを入れた時に、周波数リスト・BandMapに登録しないようにした
・USBIF4CWとSerialのCW送信で、PTT制御使用しない設定の場合にPTT delayタイマーを動かさないようにした。これによりPTT制御使用しない設定にするとキー入力でCW送信で余分なスペースが入らないようにした
・得点ダイアログで、1.9MHzのQSO数がカウントされない不具合を修正(V4.13でのデグレ)
・JARLログファイル出力で、All JA, 6m&down,Field day, All Asia, 全市全郡の場合、参加部門コードにASCIIコード以外が含まれていたらエラー表示するようにした
・CQの繰り返し回数及び間隔に異常数値が設定できないようにした
・BandMapをマウスでクリックしたらCW,RTTYの送信を停止するようにした
・WinKeyer使用時にCall欄が空白状態でF6キーを押したら2回送信される不具合を修正
・CW送信モニターのフォント指定ダイアログの初期値でサイズを表示しないようにした
・MAKROTHEN、CQWW VHF、STEW PERRY TOPBAND DISTANCE CHALLENGE、TARA Grid Dip contestでUr RSTが設定通りにならない不具合を修正

 

 

 詳しくは下記の関連リンクから確認してほしい。

 

 

 

●関連リンク:
・コンテスト用ロギングソフト「CTESTWIN Ver.4.20」ダウンロード
・「CTESTWIN」機能紹介
・「CTESTWIN」対応コンテスト一覧

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」