hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <今年から新たにスタート!>7MHz帯と144MHz帯の2バンドで競う!2月14日(水)から5日間、「第1回JARL岩手県支部いわて雪まつりコンテスト」開催


<今年から新たにスタート!>7MHz帯と144MHz帯の2バンドで競う!2月14日(水)から5日間、「第1回JARL岩手県支部いわて雪まつりコンテスト」開催

岩手県内の6つの会場を巡って雪と遊ぶイベント「第51回 いわて雪まつり」にあわせ、JARL岩手県支部は2018年2月14日(水)0時から18日(日)23時59分までの5日間、日本国内で運用するアマチュア局(社団局を除く)を対象に、7MHz帯と144MHz帯の電信と電話で「第1回JARL岩手県支部いわて雪まつりコンテスト」を開催する。

 

 

 

 交信対象は岩手県内局、岩手県外局とも国内すべてのアマチュア局。ナンバー交換は、岩手県内局が「RS(T)による相手局のシグナルレポート」+「県ナンバー(03)」、岩手県外局は「RS(T)による相手局のシグナルレポート」+「都・府・県・支庁ナンバー」を送る。

 

 得点は岩手県内局が、岩手県内局に対して1点、岩手県外局に対して2点。岩手県外局は岩手県内局に対して2点、岩手県外局に対して1点。マルチプライヤーは「①運用日数×1」と「②JA7YRL/7との交信(1回のみ有効)」となる。例えば、運用日数が5日間の場合は5マルチ、JA7YRL/7と交信すると1マルチ(最大6マルチ)。得点は、得点合計×(マルチ①+マルチ②)。

 

 

 注意事項は以下の通り。

 

・同一局との交信は各部門1回のみ有効とする。

・レピーターなどを介した交信およびゲストオペレートによる交信は不可。

・コンテスト参加移動は、同一の都・府・県・支庁ナンバー内とする。

・この規約以外はJARLコンテスト規約に準ずる。

 

 

 ログ提出は2月28日(水)まで(消印有効)。電子ログでも受け付けている。紙ログの場合は、JARL制定のサマリーとログシートで50局交信以内に限るとしている。

 

 詳しくは下記関連リンクから「第1回JARL岩手県支部いわて雪まつりコンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

「第1回JARL岩手県支部いわて雪まつりコンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・第1回JARL岩手県支部いわて雪まつりコンテスト規約 
・JARL岩手県支部 
・第51回 いわて雪まつり公式サイト

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語版ユーザマニュアル付き)