hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 企画 > エイプリルフール企画 > 【エイプリルフール企画】<アマチュア無線の電波状態を“仮想現実”として視認化できる>アイコム、VR対応外部モニター「LC-VR41」を新発売!!

【エイプリルフール企画】<アマチュア無線の電波状態を“仮想現実”として視認化できる>アイコム、VR対応外部モニター「LC-VR41」を新発売!!

アイコム株式会社は2018年4月1日、アマチュア無線の電波状態を仮想現実(VR)として視認化できるHF/50MHz帯対応のアマチュア無線用外部モニター「LC-VR41」をまもなく発売すると発表した。製品はゴーグルタイプで、同社製アマチュア無線機の前面ディスプレイに表示される要素と各種ボタン、ツマミをあたかも目の前にあるように表示することが可能。 またウォーターフォールを3次元化し、立体的に電波状況を把握することもできるという。受信した電波のオペレータがすぐ目の前にいるようにQSOできる「アイボールVR機能」も搭載したほか、オプションで「ヴァーチャル太陽黒点生成ユニット(LP-3)」「触覚再現コントローラー(RC-28V)」「緊急エアバッグ(AR-B1)」も用意される。
【※この記事は同社のエイプリルフール企画です】

 

 

アイコムの新製品、VR対応外部モニター「LC-VR41」

 

 

 アイコムが発表した内容から抜粋し紹介する。

 

★無線の世界を、無限に広げる。LC-VR41新発売(2018/4/1)

 

 アイコム株式会社は、アマチュア無線の電波状態を仮想現実として視認化できるVR対応外部モニター LC-VR41 を新発売します。LC-VR41は、HF帯/50MHz帯対応のアマチュア無線用外部モニターで、前面ディスプレイに表示される要素と各種ボタン、ツマミをあたかも目の前にあるように表示。また、ウォーターフォールを3次元化し、立体的に電波状況を把握することが可能となります。さらに、受信した電波のオペレータがすぐ目の前にいるようにQSOできるアイボールVR機能も搭載しました。

 

 

<おもな機能>

 

●バーチャルスクリーンモード
 前面ディスプレイにあたる部分が、空中に大きく浮かび上がります。大きな文字で見やすいうえに、タッチ操作も楽々。サイズは従来クラスの7インチから、迫力のシアターサイズまで自由に拡大することができます。メイン周波数はaさん、サブチャンネルはbさん、ツマミはcさん……と、複数人で協力してQSOするのも楽しいですよ!

 

●360°モード
 従来のウォーターフォールに加え、時間経過をZ軸として表示。飛び交う電波を立体的に可視化します。従来のものでは、タッチで目的周波数にすばやく移動できましたが、本機では時間軸ですらワンタッチで移動可能。なんと、「さっきまで出てたのに」な電波を捕まえることができます(10分以内)。目の前に広がるウォーターフォールはメイン周波数、振り向けばサブ周波数が視界に広がります。電波の海を自由に泳ぎ回る感覚をぜひお試しください。

 

●アイボールVR機能
 お互い、アイボールを済ませている関係であれば、強く、強く相手を思って電波を発射することで、目の前に相手がいるかのように通話することができます。別売りのコントローラーRC-28Vを併用すると、RC-28Vに搭載された振動機能/発熱機能などの組み合わせによる触感の再現も可能です。

 

<オプション>

 

●ヴァーチャル太陽黒点生成ユニット P-3
 特殊なレーザーを太陽に向けて発射することで、バーチャル太陽黒点を形成できます。太陽サイクルを操作する(つもりになる)ことで、電波伝搬の飛躍的な向上(が起きたムード)を実現します。LC-VR41をアイボールVR機能で運用時には、映像の鮮明化(ができたような空気感を醸し出すこと)が可能です。

 

●触覚再現コントローラー RC-28V
 内部に装備された発熱ユニット、振動ユニット、その他秘密のユニット各種を駆使して、LC-VR41で視認化されたものを、あたかも実在するように感じることができるコントローラーです。ウォーターフォールであれば、強い電波の部分は熱く、そうでないところは冷たく。アイボールVR機能を使っているときであれば、QSO相手の息遣いや手の質感まで伝わってきます。

 

●緊急エアバッグ AR-B1
 360°モードでの運用時、突然の強電波との遭遇は大きなリスクとなります。目の前に、巨大なウォーターフォールが突然立ち上がるのですから……。そんなとき、驚いてこけちゃったときも安心のオプション、それがAR-B1です。強電波を受信すると瞬時に膨らみ、予期せぬ転倒時の頸部への衝撃に備えます。

 

 なお同社は、LC-VR41の開発で得た知見をもとに「業務機への展開を企画している」ことを表明した。アマチュア機に加え、表示部はシンプルながら“10分前の電波と交信できる機能”を軸に、防災・防犯の面からの活用を模索していくという。

 

 LC-VR41の詳細は下記関連リンク参照。

 

LC-VR41に関するアイコムの特設ページより

 

 

アイコム恒例の「エイプリルフール」ネタ、昨年(2017年)はこんな内容↓
<腕時計型デバイスにすべての情報と操作系を集約>アイコム、HF+50MHz帯のスマートトランシーバー「IC-795i」を発表!!

 

 

 

●関連リンク:
・無線の世界を、無限に広げる。LC-VR41新発売(アイコム 特設ページ)
・アイコム株式会社 Facebookページ

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」