hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > 【追記:4月11日(水)20:30から15日(日)03:20JSTまで再実施】<日本時間で4月3日(火)と4日(水)の2回>ISS(国際宇宙ステーション)が144MHz帯でSSTV画像を送信!!

【追記:4月11日(水)20:30から15日(日)03:20JSTまで再実施】<日本時間で4月3日(火)と4日(水)の2回>ISS(国際宇宙ステーション)が144MHz帯でSSTV画像を送信!!

3月28日付けのARRL NEWSによると、2018年4月2日(月)15時05分から18時30分UTC(日本時間:3日(火)00時05分から03時30分まで)と、4月3日(火)14時15分から18時40分UTC(日本時間:3日(火)23時15分から4日(水)03時40分まで)の2回、ISS(国際宇宙ステーション)のロシアモジュールから144MHz帯でSSTV画像が送信されるという。

※記事最下部に追加の運用情報を追記しました(4/11)。

 

国際宇宙ステーション(写真:ARRL NEWS)

 

 

 この送信はISSのロシアモジュールに搭載されているSSTV実験用システム(送信機はJVCケンウッドのTM-D710)を使って実施されるもの。周波数は145.80MHz、FMモードにSSTV信号(PD120フォーマット)を載せて送信される。Windowsパソコンなら「MMSSTV」、iOS機器なら「SSTV app」、Linuxなら「QSSTV」で画像のデコードが可能だ。

 

 さらに4月11日(水)から14日(土)には、ロシアのCosmonautics DayのPRのために「RS0ISS」のコールサインでSSTVの画像伝送を行う予定だ。送信スケジュールはまだ発表されていない。(ARRLニュース 3月28日 ※許可を得て抄訳転載/(C)ARRL )

 

 

【4月11日 hamlife.jp追記】
 4月10日付けのARRL NEWSによると、ISSロシアモジュールからのSSTV送信が、UTCで4月11日(水)の11:30から4月14日(土)の18:20(日本時間で4月11日水曜日の20:30から15日日曜日の03:20まで)まで、PD120フォーマットで再実施される。今回はARISS SSTV galleryへの投稿も可能だ。

 

 

 

●関連リンク:
・Space Station’s Slow-Scan Television System to be Active in April(ARRL NEWS)
・SSTV opportunities from ISS in April 2018(ARISS-SSTV images)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」