hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <ログ提出局の中から抽選で5局に「防災関連グッズ」贈呈>JARL神奈川県支部、4月7日(土)18時から6時間「第36回非常通信訓練コンテスト」を開催


<ログ提出局の中から抽選で5局に「防災関連グッズ」贈呈>JARL神奈川県支部、4月7日(土)18時から6時間「第36回非常通信訓練コンテスト」を開催

2018年4月7日(土)18時から23時59分までの6時間にわたり、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)神奈川県支部主催「第36回非常通信訓練コンテスト」が、3.5/7/50/144/430/1200MHz帯の各アマチュアバンドの電話で行われる。3.5/7MHz帯は18:00~19:59、50/144MHz帯は20:00~21:59、430/1200MHz帯は22:00~23:59と、それぞれ周波数帯によって時間が異なるので注意しよう!

 

 

 

 コンテストの参加資格は、シングルオペレーターで運用する日本国内のアマチュア無線局だが、単一オペレーターによる社団局からのシングルオペ参加や、ゲストオペレーター制度を活用した個人局、社団局からのシングルオペ参加も認められる。

 

 交信対象は神奈川県内で運用する局(県内局)の場合はすべての国内局、神奈川県外で運用する局(県外局)の場合は神奈川県内で運用する局(県内局)となる。

 

 呼び出しは県内局が「CQ神奈川訓練」、県外局は「CQ神奈川訓練 こちらは県外局」とし、ナンバー交換は「RS符号による相手局のシグナルレポート」+「運用場所(県内局は自局の運用場所の郵便番号7桁、県外局は自局の運用場所を示す市・郡・区ナンバー)」となる。

 

 このコンテストは、周波数によって「3.5/7MHz帯:18:00~19:59」「50/144MHz帯:20:00~21:59」「430/1200MHz帯:22:00~23:59」と3つに時間帯が分けられている。

 

 ログの締め切りは4月28日(土)消印有効、または電子メール必着。ログ提出局の中から抽選で5局に「防災関連グッズ」が贈呈される。詳しくは「第36回非常通信訓練コンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

 

「第36回非常通信訓練コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・第36回非常通信訓練コンテスト規約(PDF形式)
・JARLかながわ主催コンテストの電子ログに関する情報
・JARL神奈川県支部

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】