hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <午前は50/144MHz帯、午後は7MHz帯>4月15日(日)9時からと13時から3時間ずつ、羽曳野無線クラブ主催「第30回羽曳野コンテスト」開催


<午前は50/144MHz帯、午後は7MHz帯>4月15日(日)9時からと13時から3時間ずつ、羽曳野無線クラブ主催「第30回羽曳野コンテスト」開催

羽曳野無線クラブ(JE3YMT)主催の「第30回羽曳野コンテスト」が、2018年4月15日(日)9時から12時まで50/144MHz帯、13時から16時まで7MHz帯で、それぞれ3時間ずつ電信、電話で行われる。バンドごとに開催時間が異なる点に注意しよう。

 

 

 

 コンテストの参加部門は「7MHz電信電話」「50MHz電信電話」「144MHz電信電話」の3つ。社団局はシングルオペレーターに限られる。

 

 呼び出し方法は電話が「CQ 羽曳野コンテスト」、電信が「CQ HMC TEST」。コンテストのナンバー交換は「RS(T)による相手局のシグナルレポート」+「運用場所のJCC/JCGナンバー」。羽曳野無線クラブのメンバーは「RS(T)による相手局のシグナルレポート」+運用場所のJCC/JCGナンバー」の最後に「M」を付ける。

 

 得点は羽曳野市内の局、または羽曳野無線クラブ員との交信が10点、大阪府内の局との交信が2点、大阪府外の局との交信が1点。同一バンドにおいて、同一局とは電信と電話それぞれ一交信ずつ有効となる。マルチプライヤーは異なるJCC/JCGナンバーの数(行政区は不可)。「得点の和」×「マルチプライヤーの和」が総得点。なお、参加時の必須条件として3エリアの局で2点以上を得る必要がある。

 

 コンテスト結果ならびに参加賞を希望の場合は、SASE(120円切手を貼った封筒に返信先を明記)同封して請求。各部門ごと入賞者には賞状と副賞を贈れるほか、各部門について3エリア以外の上位局も表彰される。

 

 ログ提出は5月21日(月)まで(消印有効)。詳しくは下記関連リンクから「第30回羽曳野コンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

「第30回羽曳野コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:第30回羽曳野コンテスト規約

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】