hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <JARL中央局「JA1RL」運用希望の小・中・高校生ハムを募集!>5月5日、南極昭和基地の8J1RLが「こどもの日の特別運用」を21MHz帯SSBで実施


<JARL中央局「JA1RL」運用希望の小・中・高校生ハムを募集!>5月5日、南極昭和基地の8J1RLが「こどもの日の特別運用」を21MHz帯SSBで実施

5月5日(土・祝)のこどもの日、今年も第59次日本南極地域観測隊により南極昭和基地のJARL局「8J1RL」から、日本国内の小・中・高校生を優先して交信する「こどもの日の特別運用」を21MHz帯・SSBで実施する。それにあわせ、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)では、本部のある東京都豊島区南大塚のJARL中央局「JA1RL」から8J1RLとの交信を体験してもらうイベントとして、「小・中・高校生ハム」を広く募集している(初めての方を優先)。締め切りは5月1日(火)まで。

 

JARL Webに掲載された、今年の「8J1RLこどもの日の特別運用」の案内

 

 

 JARL Webによると、今年も5月5日(土・祝)の「こどもの日」に南極昭和基地のJARL局、8J1RLが日本国内の小・中・高校生を優先して交信する「こどもの日の特別運用」が行われる。概要は下記のとおりだ。

 

 

★8J1RL「こどもの日の特別運用」の概要(JARL Webより)

 

 

●運用日時:2018年5月5日(土)17:00~18:00(JST)予定

 

●運用周波数:21MHz帯

 

●電波型式:SSB

 

●優先して交信をおこなう局:
・JARLが開設する社団局において運用する小学生、中学生、高校生
・日本国内の小学生、中学生、高校生が開設する個人局
・日本国内の小学生、中学生、高校生が運用する社団局(注1)
・日本国内の空中線電力が10W以下の個人局(注2)

 

(注1)社団局については学校等の中に設置されているものでなくてもかまいません(たとえば、地域クラブ局の構成員となっているのであれば、その社団局のコールサインでもかまいません)。
(注2)上記「優先して交信をおこなう局」からの呼び出しがなくなった場合に優先して交信します。

 

 

●8J1RLの「こどもの日の特別運用」は、日本国内の小学生、中学生、高校生等が5月5日にアマチュア無線による南極昭和基地との交信を通じて、無線通信の素晴らしさを体験してもらうと共に、南極の自然科学に興味を持ってもらうことを主な目的としていますので、初めての方を優先とさせていただきます。

 

●小学生、中学生、高校生等とは、学校教育法第一条に規定する学校に入学している方だけを指しているのではなく、 次世代を担う青少年という意味で使用しているものです。 したがって、南極とぜひ交信してみたいおおむね18才以下の人であれば交信を拒否するものではありません。

 

●SSB以外の電波型式へのリクエストには応じられません。

 

●当日の電波伝搬等の状況により交信できない場合もありますので、あらかじめご了承願います。

 

●QSLカードは、原則JARL QSLビューロー経由のみとします(2019年4月以降、第59次隊が帰国後の発行となります) 。

 

 

 

 昨年(2017年)に行われた「8J1RLこどもの日の特別運用」の様子。事前に募集した参加者がJARL本部に集まり、JARL中央局「JA1RL」から南極との交信を楽しんだ

 

 

 なおJARL中央局JA1RL(東京都豊島区南大塚)は、5月5日(土・祝)の「こどもの日特別運用」にあわせて特別公開運用を同日18~19時に実施する。この公開運用に参加希望の小・中・高校生ハムを募集している。応募方法など詳細は下記関連リンクでJARLの告知を参照してほしい。

 

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

【写真リポート】<参加した9名の子どもたち全員がQSOに成功!!>JARL中央局(JA1RL)と南極昭和基地(8J1RL)を結んだ「ゴールデンウィーク特別運用」

 

 

 

●関連リンク:南極昭和基地8J1RLが「こどもの日の特別運用」を行います!(JARL Web)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語版ユーザマニュアル付き)