hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <賞状の送付方法が変更に>きゅうあ~るぴぃ~コミュニティ、5月6日(日)バンド別に12時~と16時~に分け「第9回QRP Sprintコンテスト」を開催


<賞状の送付方法が変更に>きゅうあ~るぴぃ~コミュニティ、5月6日(日)バンド別に12時~と16時~に分け「第9回QRP Sprintコンテスト」を開催

きゅうあ~るぴぃ~コミュニティ(JARL神奈川県支部登録クラブ 11-4-78)は、2018年5月6日(日)にQRP(空中線電力5W以下)またはQRPp(空中線電力0.5W以下)で運用する国内のアマチュア局とSWLを対象とした「第9回QRP Sprintコンテスト」を実施する。開催時間は14/21/28/50MHz帯が12時から15時まで、1.9/3.5/7MHz帯が16時から21時となっている。

 

 

 

 同コンテストは小出力でいかに多くの局と交信できるかを競うもの。使用周波数と電波型式は、JARL主催コンテスト周波数に準ずる1.9~50MHzの各アマチュアバンド。1.9MHz帯は電信、3.5MHz~50MHz帯は電信と電話。

 

 ナンバー交換は、「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「自局の運用場所を示す都府県/地域ナンバー」+「空中線電力を表すアルファベット(空中線電力5W以下「P」、空中線電力0.5W以下「Q」。

 

 完全な交信(受信)を得点として、QRPとの交信が2点、QRPpとの交信が5点。同一バンドでの同一相手局は、電信、電話それぞれ1交信を得点として計上できる。また、特別記念局、特別局(8N/8J/8Mで始まる局)との交信は得点、マルチプライヤーとして計上できる。

 

 なお、入賞者への賞状の送付方法が「PDF賞状」をメールで送付することに変更された。郵送で紙ログを提出した入賞者には、今までどおり紙の賞状を郵送される。

 

 紙ログと電子ログの締め切りは5月21日(月)消印有効。詳しくは「第9回QRP Sprintコンテスト規約」を見てほしい。

 

 

「第9回QRP Sprintコンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

●関連リンク:
・第9回QRP Sprintコンテスト規約
・きゅうあ~るぴぃ~コミュニティ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」