hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > 【米国ハムベンション2018】まだあった!! 日本メーカーの新製品&新機能発表


【米国ハムベンション2018】まだあった!! 日本メーカーの新製品&新機能発表

2018年5月18日(金)から5月20日(日)まで、世界最大規模のアマチュア無線イベント「ハムベンション(Hamvention)2018」が、米国オハイオ州ジーニア市のグリーン郡フェアグランド・エキスポセンターで開催された。会場ではJVCケンウッドのTS-890や八重洲無線のFTDX101Dといった参考出品に話題が集中したが、ほかにも日本メーカーの新製品や新機能があった。

 

 

 

◆アルインコ
 アルインコは海外でDMR方式のデジタル通信に対応した無線機を発売している。今回、同社ブースでは新製品のハンディ機「DJ-MD5T」が展示された。
 周波数範囲は136~174MHz/400~480MHzのデュアルバンドでDMRデジタル(12.5kHzステップ)とアナログFM(25kHzステップ)の送受信が可能。出力は5W、周波数メモリーチャンネル数は4,000ch。現在はFCC(米国連邦通信委員会)の認可待ちという。

 

 DMRをレピータで使用する場合、TDMA(時分割多元接続)の採用により、1波で同時に2つの通信を行うことが可能。日本国内の業務無線でも一部で利用されている。また海外から同方式の無線機を輸入し実験を行っているアマチュア無線家も増えている。

 

アルインコのDMRトランシーバ「DJ-MD5T」

 

 

◆八重洲無線
 FTDX101Dに注目が集まった八重洲無線のブースだが、実はWIRES-Xの「ポータブルデジタルノード機能」の発表とデモンストレーションが行われていた。
 従来、WIRES-Xのノード局(基地局)の設置には、インターネットに接続したパソコンと無線機(FTM-400Dシリーズ、FTM-100Dシリーズなど)を、インターネット接続用キット「HRI-200」を介して接続し、さらにインターネット回線のポート解放作業が必要だった。

 

 しかし会場で発表されたWIRES-Xの「ポータブルデジタルノード機能」では、FT2D/FTM-400XD/FTM-100Dのファームウェアをアップデートすることにより、新たに「HRIモード」が加わり、HRI-200を使わずに無線機とパソコンが直接接続でき(専用ケーブルが必要)、面倒だったポート解放作業も不要になるというものだ。
 このファームウェアは日本でも2018年7月にリリースされるという。

 

会場で発表された、八重洲無線の「WIRES-X ポータブルデジタルノード機能」の説明図

 

 

その他の写真も公開!!

 

 今回のハムベンション2018で、hamlife.jpへの情報提供者が撮影した会場内の写真をいくつか紹介しよう。

 

●ルソー
 大型クランクアップタワーで知られるルソー(スーパーテクノ)も会場内にブースを出展した。写真後方の大型クランクアップタワーは「LUSO120US」という36m高のモデルだ。

 

ルソー(スーパーテクノ)のブース

 

 

●エレクラフト
 米国エレクラフト社は、同社製ポータブル機のKX2/KX3用にデュアルバンドのホイップアンテナを参考出品。「発売するかは決定していない」ということだった。

 

エレクラフトのKX2/KX3用デュアルバンドホイップアンテナ

 

 

●JARL/JT65-DX.com共同ブース
 JARLとJT65-DX.comは共同でブースを出展し、日本のアマチュア無線のPRのほか、JT65/FT8のデモンストレーションやリーフレットの配布などを行って、連日多くの来場者が立ち寄ったという。

 

JARL/JT65-DX.com連合ブース

ブースへの来訪者

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

【米国ハムベンション2018】<“謎の広告”のリグ、ついにベールを脱ぐ!!>JVCケンウッドブース、HF/50/70MHz帯の新製品「TS-890S」を展示

 

【米国ハムベンション2018】<SDR技術を採用、デュアルレシーブ機能搭載>八重洲無線、HF/50MHz帯の固定機「FTDX101D」を参考出品!!

 

<HRI-200不要でノード局の開設が手軽に>八重洲無線、WIRES-Xの「ポータブルデジタルノード機能」を国内でも発表!!

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」