hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <「KANHAM2018」会場で展示>ポラリスプレシジョン、新技適対応の市民ラジオ(27MHz帯)「Blackbird」を発表!! 本体価格は18万円


<「KANHAM2018」会場で展示>ポラリスプレシジョン、新技適対応の市民ラジオ(27MHz帯)「Blackbird」を発表!! 本体価格は18万円

静岡県浜松市を拠点に無線機の企画開発・製造・販売を行うポラリスプレシジョン合同会社は2018年7月2日、新技適対応の市民ラジオ「Blackbird(ブラックバード)」を発表した。周波数表示をはじめとする“市民ラジオ初搭載”の機能を搭載した完全新設計の製品で、市民ラジオに許可された27MHz帯500mW(合計8ch)での送受信が可能だ。同機種は200台の限定生産で価格は180,000円(税別)、申し込みは7月16日から受け付ける。なお同社は7月14~15日に大阪府池田市で行われる「関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2018)」にブースを出展し展示を行う予定だ。

 

 

ポラリスプレシジョンが発表した、新技適対応の市民ラジオ「Blackbird」(同社公式Webサイトより)

 

 

 ポラリスプレシジョンの公式サイト、およびTwitterアカウントで公表された内容から紹介する。

 

新技適対応の市民ラジオ「Blackbird」を発表

 

 ポラリスは、新技適対応の市民ラジオ「Blackbird」を発表しました。周波数表示をはじめとする市民ラジオ機初搭載の機能と完全新設計のボディで、あなたは新しい無線の世界へ羽ばたくことができます。

 

「Blackbird」は先着順受注、200台の限定生産です。うち50台は「Launch Edition」として限定色のインディゴブルーを纏い、優先して製造されます。本体価格は180,000円(税別)。発送は年内より順次に行われます。詳細な情報とお申し込みは、2018年7月16日より公式ホームページにて。

 

 ポラリスは7月14、15日に開催される「第23回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2018)」に出展します。
 また「Blackbird」の発売を記念して、完成披露会「Blackbird TOKYO Reception」を開催します。日時は2018年8月4日(土)14時から16時。会場は東京都中央区日本橋室町の「クロストランジット日本橋」です。アクセスやプログラムなどの詳細は、2018年7月16日に公式ホームページにて発表します。

 

 

hamlife.jpで「blackbird」のフロントパネルを拡大処理した画像。大型メインダイヤルの上部に周波数表示のディスプレイが配置されるようだ

ポラリスプレシジョンのTwitterアカウントで公表された画像。「blackbird」の周波数ディスプレイのイメージと推測される

 

 

 

●関連リンク:
・ポラリスプレシジョン 公式サイト
・Twitter Polaris_Precision(@polarisprcsn)
・Instagram polarisprcsn

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語版ユーザマニュアル付き)