hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アワード情報 > <水産庁「全国漁港一覧」からの運用が対象>2018年7月1日の交信分から、無料で「漁港アワード」を発行


<水産庁「全国漁港一覧」からの運用が対象>2018年7月1日の交信分から、無料で「漁港アワード」を発行

武野昭司氏(JK3UDU)は、国内のアマチュア無線局を対象として「日本全国で魚介類を水揚げされる漁港の再認識」と「アマチュア無線の活性化」を目的として「漁港アワード」の発行を無料で開始した。水産庁が公表している「全国漁港一覧」に記載のある漁港の所在する市町村からの運用が対象で、アマチュア無線バンド&全モードで2018年7月1日(日)0時からの交信を有効として受け付ける。現時点で発行期間は設けられていない。

 

 

水産庁が公表している「全国漁港一覧」に記載のある漁港の所在する市町村からの運用が対象となる

 

 

漁港アワード

 

 

発行者
 JK3UDU 武野

 

目的
 ・アマチュア無線の活性化
 ・日本全国で魚介類を水揚げされる漁港の再認識

 

参加資格
 ・国内のアマチュア無線局
 ・バンド/モード(自局に免許された電波型式、周波数および空中電力の範囲)

 

期間
 ・2018年7月1日00:00(JST)からの交信を有効とする
 ・終了期日は設定しない

 

ルール(要領)
 ・水産庁が公表されている全国の漁港(平成30年4月1日現在)
 ・ 「漁港リスト(2823箇所)」の所在する市町村との正常な交信
 ・ 固定局、移動局の制限なし
 ・ 交信の有効は、同局に対しては同一日、同QTHに対し1漁港のみ(QTH/BAND/MODEが異なれば、QTH/BAND/MODE ごとに1漁港追加可能)
 ・正常な交信のみでQSLカード取得は必要ない

 

申請方法
 ・申請料は無料
 ・指定の申請用紙にQSLリストと必要事項を記入して電子メールで送ってください
 ・メールの件名(例:漁港アワード申請書+自局コールサイン)/エクセルファイル名 (例:漁港アワード+自局コールサイン.xlsx)
 ・全クラスに申請可能(前回申請クラスに加算して申請ください)

 

2018年7月1日の交信分から無料で発行される「漁港アワード」

 

 

 詳しくは下記の関連リンクから確認してほしい。

 

 

 

●関連リンク:漁港アワード

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)