hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > <2波同時受信&2波同時スコープ表示>アイコム、遠隔操作用コントロールソフトウェアの新製品「RS-BA1 Version 2」を発売


<2波同時受信&2波同時スコープ表示>アイコム、遠隔操作用コントロールソフトウェアの新製品「RS-BA1 Version 2」を発売

7月6日、アイコム株式会社は同社のアマチュア無線機(一部モデル)を遠隔操作できるコントロールソフトウェアの新製品「RS-BA1 Version 2」を発売することを発表した。本ソフトの大きな特長は、旧製品である「RS-BA1」のシングルモードに加え、新たにデュアルモードに対応し、2波同時受信が可能となったことだ。メインとサブの両方の周波数を制御できるほか、両バンド同時にスペクトラムスコープ表示できる。なお、旧製品「RS-BA1」からのアップグレードには対応していない。価格は8,500円+税で、発売は2018年7月下旬から。

 

RS-BA1 Version 2のデュアルパネル(アイコムの製品情報より)

 

 

 アイコムは以前から、フラグシップ機であるIC-7851をはじめとする同社のアマチュア無線機を、インターネット(IP接続)によりパソコンで遠隔操作できるコントロールソフトウェア「RS-BA1」を販売してきたが、さらに多彩な機能を搭載した新バージョンとして、「RS-BA1 Version 2」を2018年7月下旬から発売する。

 

 新製品は、旧製品「RS-BA1」のシングルモードに加え、新たにデュアルモードに対応。2波同時受信や、メインとサブの両方の周波数を制御できるほか、両バンド同時にスペクトラムスコープを表示することもできる。

 

 

RS-BA1 Version 2のデュアルスコープ表示例(アイコムの製品情報より)

 

 遠隔操作は「RS-BA1」でも対応していた混信除去機能、フィルター設定などのほか、新たにRIT・⊿TXの操作などにも対応し、多彩なコントロールを実現した。インターフェースでは、スムーズな周波数変更を実現する別売のリモートエンコーダー「RC-28」での操作に加え、新たにインジケーターに対するマウスクリックでの操作に対応。パネルの拡大表示モードを搭載し、さらに使いやすくなったとしている。

 

 なお、新製品の「RS-BA1 Version 2」は、旧製品「RS-BA1」からのアップグレードには対応していない。新たにソフトウェアをご購入する必要がある。

 

 

接続イメージ図(アイコムの製品情報より)

 

 

 

★Pリモートコントロールソフトウェア「RS-BA1 Version 2」の主な特長

 

 

・LANやインターネット経由で、アマチュア無線機の遠隔操作や音声ハンドリングが可能。

 

・新たにデュアルモードに対応し、2波同時受信/2波同時スコープ表示が可能(※1)。

 

・混信除去やフィルターのほか、新たにRIT・⊿TXなどを加えた多彩なコントロールを実現。

 

・リモートエンコーダー RC-28(別売り)での操作にも対応。

 

・インジケーターのマウスクリック操作、パネルの拡大表示など充実のインターフェース。

 

※1:IC-7851、IC-7850、IC-7610が対応。

 

 

 

●関連リンク:
・デュアルモードに対応したアマチュア無線機用 IPリモートコントロールソフトウェア RS-BA1 Version2 を新発売(アイコム)
・アイコム株式会社

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語版ユーザマニュアル付き)