hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > 【写真リポート】<デジ簡機搭載キャブコン、第一電波工業「DIAMOND Special」>7月21日(土)と22日(日)に「東京キャンピングカーショー2018」開催


【写真リポート】<デジ簡機搭載キャブコン、第一電波工業「DIAMOND Special」>7月21日(土)と22日(日)に「東京キャンピングカーショー2018」開催

2018年7月21日(土)と22日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト東7・8ホールで、220台以上の最新キャンピングカーが一堂に集まった「東京キャンピングカーショー2018」が開催された。会場には2千万円近いマイクロバスベースのタイプから、“軽キャン”と呼ばれる軽自動車のキャンピングカーまで、多彩な車種が所狭しと展示されていた。その中で、アイコムのデジタル簡易無線機(登録局)「IC-DPR100」が運転席のフロントパネルに搭載されている第一電波工業仕様の「DIAMOND Special」を発見! イベント当日の様子を紹介しよう。

 

※小さい画像はクリックすると拡大します。

 

220台以上の最新キャンピングカーが一堂に介した「東京キャンピングカーショー2018」

 

 

 キャンピングカーが憧れの存在という無線家も少なくないだろう。移動運用を楽しむときも、無線機搭載のキャンピングカーが1台あれば、気軽にお泊り運用が楽しめるというわけだ。

 

 一般社団法人 日本RV協会の調査によると、国内キャンピングカー総保有台数が初めて10万台を突破し、2016年の総売上金額は365億4,291万円となるなど、堅調にキャンピングカー市場が成長を続けているという。

 

 

 

 今回で10周年を数える「東京キャンピングカーショー」。会場には、多種多彩なモデルが展示されていたが、キャンピングカー専門店・ロータスRV販売のブースで、見慣れたアンテナが取り付けられている「DIAMOND Special」と書かれた「キャブコン」と呼ばれる、トラックタイプの荷台部分が住居スペースのキャンピングカーを発見した。

 

 運転席のフロントパネルにアイコムの351MHz帯デジタル簡易無線機(登録局)の車載タイプ「IC-DPR100」が搭載。アンテナは第一電波工業の「AZ350R」と同社のキャリアパイプ用基台「K540」がバックミラーに取り付けられている。そのほか簡易トイレや家庭用のエアコンも装備。多くの来場者で賑わっていた。

 

 

ロータスRV販売のブースに展示された第一電波工業仕様のキャブコン「DIAMOND Special」

フロントパネルにアイコムのデジタル簡易無線機(登録局)「IC-DPR100」が収まっていた

バックミラーに可変式のキャリアパイプ用基台「K540」が取り付けられ、同社の351MHz帯デジタル簡易無線登録局用モービルアンテナ「AZ350R」を装着

 

室内には冷蔵庫や電子レンジ、簡易トイレ、さらに家庭用エアコンを装備

 


第一電波工業は自動追尾型BS/110度CSフルオートアンテナの新製品「DACP-330」を展示・販売

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<「デジ簡」の新モービル機>アイコム、新製品「IC-DPR100」の商品説明ページをオープン

 

<デジ簡モービル機第2弾!!>アイコム、351MHz帯デジタル簡易無線(登録局)の新製品「IC-DPR100」を発表、3月下旬から発売開始

 

 

 

●関連リンク:
・東京キャンピングカーショー2018
・第一電波工業株式会社
・ロータスRV販売
・IC-DPR100 主な特長(アイコム)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」