hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <DG-ID機能に対応>八重洲無線、FTM-400D/DHとFTM-400XD/XDHの新ファームウェアを公開!!


<DG-ID機能に対応>八重洲無線、FTM-400D/DHとFTM-400XD/XDHの新ファームウェアを公開!!

八重洲無線株式会社は2018年8月3日、独自のC4FMデジタルモードを搭載した144/430MHz帯モービル機「FTM-400D/DH」および「FTM-400XD/XDH」の新ファームウェアをに公開した。両機種ともメインファームウェアとDSPファームウェアを更新し、新機能の「DG-ID機能」に対応した。なお予告されている「ポータブルデジタルノード」に関する言及は今回なかった。また同時にメモリー編集ソフトのADMS-7もバージョン1.1.0.0が公開されている。

 

 

 FTM-400D/DH、FTM-400XD/XDHの新ファームウェア公開は2016年2月15日以来となる。八重洲無線のWebサイトで公開された概要は下記のとおり。

 

 

★FTM-400D/FTM-400DHファームウェア

 

メインファームウェア Ver.3.30
DSPファームウェア Ver.4.15

 

※このファームウェアはFTM-400D/DH専用です。FTM-400XD/XDHにはご使用になれません

 

※おもな変更点:簡単にグループ設定ができるDG-ID機能に対応しました。

 

 

★FTM-400XD/FTM-400XDHファームウェア

 

メインファームウェア Ver.4.30
DSPファームウェア Ver.4.15

 

※このファームウェアはFTM-400XD/XDH専用です。FTM-400D/DHにはご使用になれません

 

※おもな変更点:簡単にグループ設定ができるDG-ID機能に対応しました。

 

 

 なお、両モデルとも共通の「ご注意」として、以下の記載がある。

 

ご注意)
・このファームウエアのアップデートを行うと、アップデートをしていないC4FMデジタルトランシーバーとの間でグループ機能が使えませんのでご注意ください。

 

・ファームウエアアップデートの際に”ALL RESET” の実行によってメモリーが初期化されますので、アップデート前にSDカードにメモリーチャンネルのバックアップ(Setup-Menu/SD CARD/BACKUP/Write to SD /MEMORYを選択)を必ず行ってください。アップデート後にSDカードからメモリーチャンネルの読み込みを実行するとバックアップしたメモリーチャンネルがトランシーバーに取り込まれます。

 

・セットモードについては、初期化されますのでアップデート後に再度設定を行ってください。
・ファームウエアのアップデートを行うと、アップデートをしていないトランシーバーとの間ではクローン操作ができなくなります。アップデート後のクローン操作は、ファームウエアをアップデートしたトランシーバー間のみ有効となります。

 

 

 詳細情報やダウンロードは、FTM-400D/DHのWebサイトで確認できる。

 

 

 

●関連リンク:
・FTM-400D/DH、FTM-400XD/XDH 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」