hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2018 > 【ハムフェア2018】<び~ななさんが独自編集>唯一!?のライセンスフリー無線「2018フリラコールブック」をハムフェア会場近くで無料頒布


【ハムフェア2018】<び~ななさんが独自編集>唯一!?のライセンスフリー無線「2018フリラコールブック」をハムフェア会場近くで無料頒布

合法CB無線(市民ラジオ)から簡易デジタル無線まで、ライセンスフリー無線は資格がいらない無線ジャンルとして仲間が急速に広がっている。アマチュア無線のようにコールサインなどを使用して交信を行うが、各局が独自に決めて使用しているため、聞き慣れないコールサインのほか、知らずに他局のフリラー(ライセンスフリー無線愛好家)と同じものを使ってしまうケースが見られる状況だ。そのような中で、フリラーの1人、イワテB73・び~ななさんが独自編集して毎年発行している「フリラコールサインブック」の最新版が完成。8月25日(土)と26日(日)に東京ビッグサイトで開催される「ハムフェア2018」にあわせ、会場近くのタリーズコーヒー「東京ビッグサイト店」近くで初日の25日(土)限定で無料頒布が行われる。

 

唯一!?のライセンスフリー無線「2018フリラコールブック」をハムフェア会場近くで無料頒布

 

 

 

 び~ななさんによると、「2018フリラコールブック」の頒布方法などは以下のとおり。

 

 

 

 ライセンスフリー局は現存局の把握が難しく、実際に何局いらっしゃるのかわからない状態です。

 

 総合通信局等は免許や登録など書類上の局しか数字にしないので、コールブックを制作することで、実在する局を数字にして現存局を把握しています。そのために毎年発行を心がけています。

 

 発行に関して営業目的ではなく、個人的な趣味でフリラバンドの防衛の一環が発行の理由でです。

 

 2018年度版では、「2,000局」を掲載しました。

 

 毎年、掲載局は増える傾向にあります。ライセンスフリー無線に興味を持たれる方が増えているのは確かでしょう。

 

 

A5版の仕様で30ページ。掲載局数2,000局に及ぶ。実際の交信でコールサインが不明瞭のときなどに、役立つのではないかとしている

 

 

●「2018フリラコールブック」頒布方法など

 

【日時】8月25日(土)12時ぐらいから15時ぐらいまで
【場所】東京ビッグサイト会議棟2F タリーズコーヒー付近のフリースペース
【体裁】A5版×30ページ 掲載局数2,000局

 

 

 なお、頒布方法などの詳細については、下記の関連リンクから「び~ななさんの日記」で最新の情報を確認してほしい。

 

 

 

●2018 フリラコールブック ハムフェア会場で配布 ライセンスフリー無線コールサイン イワテB73局発行(アタックちゃんねる)

 

 

 

 

タリーズコーヒー「東京ビッグサイト店」の場所(東京ビッグサイト館内案内から)

 

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

【ハムフェア2018】<「市民ラジオヒストリー」ポスターほか特典多数!>三才ブックス、8月27日(月)に「ライセンスフリー無線完全ガイド Vol.3」刊行

 

 

 

 

●関連リンク:
・ハムフェア2018でのコールブック配布予定(び~ななさんの日記)
・び~ななさんの日記
・アタックちゃんねる(YouTube)
・館内案内 タリーズコーヒー(東京ビッグサイト)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」