hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > D-STAR > 【ハムフェア2018】<IC-9700とデジタル小電力コミュニティ無線機が登場!!>アイコム、「ハムフェア2018」会場で展示する新製品を公表


【ハムフェア2018】<IC-9700とデジタル小電力コミュニティ無線機が登場!!>アイコム、「ハムフェア2018」会場で展示する新製品を公表

アイコム株式会社はこのほど、公式Facebookページで「ハムフェア2018」会場の同社ブースで展示する新製品を公表した。144/430/1200MHz帯オールモード機の「IC-9700」は実機が展示されるほか、毎日2回プレゼンテーションが行われる。また新たに制度化されたデジタル小電力コミュニティ無線(140MHz帯、全18波)のハンディ機「IC-DRC1」が初展示されるという。

 

 

アイコムのFacebookページの告知より

 

 

 アイコムの公式Facebookページはここ数年、ハムフェア開幕直前になると、会場で展示する新製品や参考出品のシルエット画像を掲載して話題を集めていたが、今年は展示機種そのものの写真をいち早く公表している。

 

 

★トライバンドオールモード機「IC-9700」

アイコムのFacebookページに「IC-9700」の写真が掲載された。昨年の「ハムフェア2017」で展示されたモックアップと比較すると、一部のボタン類の表記が異なっていることがわかる

 IC-9700は「ハムフェア2017」でモックアップを参考出品した機種。D-STARにも対応した144/430/1200MHz帯オールモード機で、1200MHz帯(10W出力)も実装済みでD-STARのDDモードにも対応すると言われている(2017年9月2日の記事参照)。

 同社は今年、このIC-9700の実機を展示するほか、毎日2回(11:00~、15:00~)ブース内で製品特徴がわかるプレゼンテーションを実施する。

 

 

★デジタル小電力コミュニティ無線「IC-DRC1」

アイコムのFacebookページに掲載された、デジタル小電力コミュニティ無線機「IC-DRC1」の写真

「地域コミュニティの安全を確保する」という目的で新たに制度化された、140MHz帯(142.934375~142.984375MHz/146.934375~146.984375MHzの6.25kHzステップ 全18波、0.5W)を使用する、デジタル小電力コミュニティ無線のハンディ機「IC-DRC1」が初展示される。

 

 デジタル小電力コミュニティ無線は、業務連絡やレジャーに使用されている従来の「特定小電力無線(420MHz帯)」や「デジタル簡易無線登録局(351MHz帯)」とは異なり、安心・安全な暮らしの確保のための“ご近所のコミュニケーションツール”として誕生したものだ。

 

 免許申請や登録手続きは不要で、誰でも無資格で購入した直後から使用できる。内蔵のGPSレシーバーで自分の現在位置を伝えたり他局の位置を知ることができるほか、簡単な操作で相手局の周辺音声を取得することが可能。情報収集用としてFMラジオも内蔵している。

 

 先日の西日本豪雨災害の際は「避難指示の情報が住民に届かない」「河川の氾濫で自宅に取り残されたが助けを呼ぶ手段がない」といった、命にかかわる事態が発生したが、この無線システムは“地域の安心・安全を確保する連絡手段”として、広く一般への普及が期待されている。

 

 

 ハムフェア2018のアイコムブースは「D-04」だ。ブースではD-STARトランシーバー(他社製品も可)を持参した人を対象に、もれなく缶バッチをプレゼントし、さらに抽選で「アイコム特製オリジナルTシャツ」が当たる「D-STARトランシーバーを持ってハムフェア2018へ行こう!!」キャンペーンも行われる。

 

 

8月23日の18時過ぎ、アイコムのFacebookページに、「FIRST IN TECHNOLOGY at Ham Fair 2018」と書かれた、もう1枚の写真が追加された。果たしてこれは何を意味する??

 

 

 なお、「アイコム」のブース番号「D-04」は、「【ハムフェア2018】<事前にチェック!会場内のブース配置図(暫定版)>229団体が参加する『ハムフェア2018』企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明」の既存記事(2018年7月30日記事で場所の確認ができる。

 

 

 

 

↓こちらの記事もチェック!

 

 

【ハムフェア2018】<動画リポート第2弾>ダイレクトサンプリング採用の新製品「IC-9700」をアイコムのスタッフが説明!!

 

【ハムフェア2018】<動画リポート第6弾>免許不要!140MHz帯0.5W、アイコムのデジタル小電力コミュニティ無線「IC-DRC1」

 

<「小電力無線局」で安心・安全を確保>九州総合通信局、新たな“ご近所無線”の実用化に向けた調査報告書を公表

 

 

 

↓「ハムフェア2018」に関するまとめページはこちらをクリック!

 

 

 

 

●関連リンク:アイコム Facebookページ

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語版ユーザマニュアル付き)