hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2018 > 【ハムフェア2018】<WIRES-Xのマイノードに無線機なしでアクセスできる>秋葉原無線部、ディスプレイ付き「WIRES-Xマイクインターフェース」ほかを頒布


【ハムフェア2018】<WIRES-Xのマイノードに無線機なしでアクセスできる>秋葉原無線部、ディスプレイ付き「WIRES-Xマイクインターフェース」ほかを頒布

八重洲無線株式会社が提唱するインターネット利用の音声通信システム「WIRES-X」。シャックに自分用のノード局(マイノード)を設置し、C4FM対応のハンディ機などでアクセスしている人も多いことだろう。ハムフェア2018に出展する「秋葉原無線部」(ブース番号:C-010)は、“マイノードを無線機なしに運用したい方にお勧め!”という「WIRES-Xマイクインターフェース(HMI-01)」という装置を台数限定で頒布している。パソコンに接続したHRI-200に同装置を接続し、ハンディ機用の4ピンマイクを接続することでWIRES-X網へのアクセスが可能となる。装置はディスプレイとボタンを装備し、「3分タイマー」「QSOタイマー」「ルーム占有時間タイマー」が設定できるほか、「疑似RFメーター」「疑似SQL音」「電圧表示」など各種表示が行えるというものだ。ハムフェア会場ではキットおよび完成品を用意。完成品は3セットのみで終了とのことだった。

 

ハムフェア会場特価で販売されていた

 

 

 

●WIRES-Xマイクインターフェース(HMI-01)の主な機能

 

 

・見やすい青色LCD登載。

 

・連続送信時間、連続受信時間、交信時間、ルーム連続空き時間を時間およびバーメーターで表示。

 

・3分連続送信を事前(もうすぐ)、直前(3分経過直前)の2回お知らせ。ビープやバックライト点滅でお知らせし尻切れ防止(3分タイムアウト局がとても多いです。都度会話が切れて、どこまで話したかについて何分も費やしてしまいます)。

 

・ビープによるお知らせはモールス符号を活用(ルーム1時間未使用時には時報音)。相手局の3分連続送信も事前に確認でき、タイムアウトによる尻切れかどうかを事前に知ることができる。

 

・15分のルーム連続交信をタイマーでお知らせし長時間の「うっかりRoom占有」を防止。

 

・マイク入力レベルの応じてレベルメーターが振れる。

 

・スピーカー出力レベルに応じてSSB機のSメータのようにレベルメーターが振れる。

 

・疑似SQL動作音実装(受信終了時に「ザッ」と聞こえるホワイトノイズで無線機交信の雰囲気)3秒以下の短い受信は耳障りなので疑似SQLを鳴らさない仕様(他局が誤って送信、DTMF短時間送信などが原因)。

 

・電圧表示機能(目安です)。

 

・受信時に緑LED発光、送信時に赤LED発光(無線機交信の雰囲気)。

 

・使いやすい市販4Pハンディースピーカーマイクを利用できる(無線機交信の雰囲気)。

 

・本体実装のスピーカー、MICおよびPTTを使い簡易運用可能(ハンズフリーQSOが可能、基本は外部マイク利用)。

 

・本体実装のPTT_LOCKは、誤って無変調連続送信がされないように、PTT_LOCKと同時に「ピッ」音を発する(ピッ音はWIRES-Xネットワークには流れませんのでご安心ください)。

 

・HRI-200とケーブル1本で簡単接続。

 

・12VDC入力。

 

 

 

 

「WIRES-Xマイクインターフェース(HMI-01)」の動作(クリックするとスタートします)

 

 

 

 

 このほか同倶楽部では、アマチュア無線家、CW好きの方、癒されること間違いなし!という「GATTEN-R(ガッテンR)」のキットと完成品を頒布した。

 

 

 

 

●GATTEN-R(ガッテンR)の主な機能

 

・ボタンを押すとモールス符号で「R」を発する。

 

・スイッチ切り替えで「R」以外にFBを送信可能。

 

・LEDが交互に光る(ガッテンXアマチュア無線=赤・緑を交互発光)。

 

・プログラム焼き込み済(個々に動作確認も済んでいます)。

 

・アクリル加工済(キット作成時に加工不要です、必要に応じてやすりがけしてください)。

 

・製作難易度はめちゃ低いです。製作時間は30分程度です。

 

 

 

「GATTEN-R(ガッテンR) Ver.2」の動作(クリックするとスタートします)

 

 

 

 

 なお、「秋葉原無線倶楽部」のブース番号「C-010」は、「【ハムフェア2018】<事前にチェック!会場内のブース配置図(暫定版)>229団体が参加する『ハムフェア2018』企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明」の既存記事(2018年7月30日記事で場所の確認ができる。

 

 

 

 

●関連リンク:
・ハムフェアーでの頒布について(秋葉原無線部)
・Wires-Xネットワークへ無線機無で参加⑭頒布開始しました(秋葉原無線部)
・ガッテンR(秋葉原無線部)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」