hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 訃報 > <アニメ「ちびまる子ちゃん」原作者、CQ誌の表紙も飾る>漫画家 さくらももこさん(JI2EIT)逝去

<アニメ「ちびまる子ちゃん」原作者、CQ誌の表紙も飾る>漫画家 さくらももこさん(JI2EIT)逝去

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の原作者として知られる、漫画家のさくらももこさん(JI2EIT)が2018年8月15日に53歳で逝去されたことが27日、分かった。

 

 

 

 

 さくらももこさんは1965年5月8日生まれ、静岡県清水市の出身。月刊誌「りぼん」(集英社)に連載していた漫画「ちびまる子ちゃん」はアニメ化され、フジテレビ系列で第1作が1990年1月から1992年9月まで、第2作が1995年1月から現在まで放送が行われ、世代を超えて親しまれている“国民的アニメ”となった。
 その第2作の133話(初回放送日は1997年8月10日)には、「まる子アマチュア無線に憧れる」という回がある(この133話はポニーキャニオン発売のDVD「ちびまる子ちゃん 野口さんの家に行くの巻」に収録されている)。

 

ちびまる子ちゃん「まる子アマチュア無線にあこがれる」の回。(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション

 

 またアマチュア無線の月刊誌「CQ ham radio」(CQ出版社)は1998年1月号の表紙をさくらさんのイラストで飾り、誌上でご本人から届いた手紙(「高校の頃にハムの免許を養成課程講習会で取ったが、全然熱心にやらずに局免許を失効させてしまった」ことや、「テレビアニメの原作で自分自身がハムをやったりした経験から、長山君にハムをやらせてもいいかなあと思いついた」などが記されていた)を紹介している。

 


 さくらももこさんの逝去に心からお悔やみ申し上げます。(hamlife.jp)

 

 

<参考記事(2014年6月23日掲載)>
アニメ・ちびまる子ちゃん「まる子アマチュア無線に憧れる」アニマックスで7月23日放送!!
https://www.hamlife.jp/2014/06/23/chibimarukochan-animax/

 

 

 

●関連リンク:さくらももこさんを偲んで(CQ ham radio WEB MAGAZINE)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)