hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JAIA > 【ハムフェア2018】<全74ページ>JAIA、ハムフェア2018での講演資料「初心者でもわかる!? SDR(ソフトウェア無線)大研究」をPDF版で公開


【ハムフェア2018】<全74ページ>JAIA、ハムフェア2018での講演資料「初心者でもわかる!? SDR(ソフトウェア無線)大研究」をPDF版で公開

日本のアマチュア無線機器メーカーの業界団体「日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)」の技術委員会は、毎年ハムフェア会場のイベントコーナーで技術講演を実施しているが、今年の「ハムフェア2018」で行った「初心者でもわかる!? SDR(ソフトウェア無線)大研究」の資料をこのほどPDF版で公開した。人気のSDRについてがわかりやすく、かつ詳しくまとめられている。

 

 

JAIAが公開した「初心者でもわかる!? SDR(ソフトウェア無線)大研究」の資料表紙と目次

 

 

 JAIA技術委員会が今年、ハムフェア2018で行った講演は「初心者でもわかる!? SDR(ソフトウェア無線)大研究」と題したもので、JAIA加盟社であるアイコム株式会社のソリューション事業部参事の櫻井 稔氏が担当した。講演の概要は「最近、SDR(Software Defined Radio)という言葉をよく耳にします。各種無線機やスマホやテレビでもSDRの技術が広く使われており、アマチュア無線の世界でも安価で高性能なSDRトランシーバが普及するようになってきました。身近になったSDRですが、どんな仕組みで、どのように利用され、何ができるか、またSDRはどのような技術が使われており、従来の無線機とどのように違うのか、わかり易く解説します」というもので、約50分間にわたりSDRを詳しく説明した。

 

 その際のプレゼンテーション資料(PDF版、74ページ)が、同工業会のWebサイトでダウンロードできるようになった。SDRの知識を付けるには格好の資料といえるだろう。このほかJAIAのWebサイトには、ハムフェア2014~2017で講演した際の資料も保存されている。

 

 

JAIAが公開した「初心者でもわかる!? SDR(ソフトウェア無線)大研究」の資料より

 

 

 

●関連リンク:
・「初心者でもわかる!? SDR(ソフトウェア無線)大研究」PDF(JAIA)
・JAIA情報コーナー(過去5年間の講演会資料を掲載)
・JAIAホームページ

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語版ユーザマニュアル付き)