hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > 【速報】<“現物”の写真初公開!!>JARD、きょう9月14日からスプリアス確認保証の「保証シール」発送開始


【速報】<“現物”の写真初公開!!>JARD、きょう9月14日からスプリアス確認保証の「保証シール」発送開始

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は、きょう2018年9月14日から、「スプリアス確認保証」を受けた無線機に貼ることができる「保証シール」の発送を開始した。無線機に貼られたシールの写真を初公開しよう。

 

 

 JARDは「スプリアス確認保証」を受けた無線機の判別を容易にするため、無線機に貼付可能な「保証シール」を独自に発行することを8月下旬に発表していた(シールの貼付は利用者の任意。詳しくは9月1日の記事を参照)。
 このほどシールの準備が整い、きょう9月14日(金)の保証分から保証通知書に同封して発送することになった。シールは縦10mm×横25mmで金色をベースにしたもので、容易に剥がれない仕様となっている。スプリアス確認保証を受けた無線機に貼られた保証シールの写真は下記の通りだ。

 

ハンディ機に貼られた「保証シール」

HF機に貼られた「保証シール」

 

 JARDはこの保証シールについて、発行方法を次のように案内している。

 

(1)これからスプリアス確認保証を受ける場合
 保証台数に応じた枚数を保証通知書に同封し郵送します。

 

(2)すでにスプリアス確認保証を受けている場合
 以下の必要項目を明記の上、メール、FAX、ハガキによりご請求ください。保証した台数に応じた枚数分をご郵送します。

 

【必要事項】
・「保証シール希望」と記入(必須)
 ①氏名
 ②「スプリアス確認保証」の保証番号
 ③電話番号
 ④保証時の住所に変更がある場合は新たな住所
【宛先】
 170-8088 東京都豊島区巣鴨3-36-6 共同計画ビル
 JARD保証事業センター スプリアス確認保証担当

 

※「スプリアス確認保証」とは、既に免許を受けている平成19年以前に製造された古い無線機を、平成34年12月以降も継続して使用できるようにするための保証です。
 電波法に定める技術基準(スプリアス規格)の改正に伴い、既に免許を受けた無線機のうち、平成19年以前に製造された古い無線機は、そのままでは平成34年11月までしか使用できなくなります。
 お申込みは「スプリアス確認保証願書」と「スプリアス発射及び不要発射の強度確認届出書(アマチュア局の保証用)」の2種類の用紙に書き込み、JARDへ送っていただくだけで簡単に手続きできます(Webから直接申し込みも可能)。

 

【問い合わせ先】
 JARD保証事業センター スプリアス確認保証担当
 電話:03-3910-7286
 https://www.jard.or.jp/warranty/spurious/

 

 JARDによると、8月下旬の告知開始以降、すでにスプリアス確認保証を受けてシール希望の連絡をしている利用者にも今日からシールを発送するという。

 

 

 

●関連リンク:
・保証シール(スプリアス確認保証設備用)の発行について(JARD)
・スプリアス確認保証(JARD)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)