hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > < MCP-9Bも更新>JVCケンウッド、351MHz帯デジタル簡易無線機(登録局)「TPZ-D510」の新ファームウェア Version 1.10を公開!!

< MCP-9Bも更新>JVCケンウッド、351MHz帯デジタル簡易無線機(登録局)「TPZ-D510」の新ファームウェア Version 1.10を公開!!

株式会社JVCケンウッドは2018年9月21日、351MHz帯デジタル簡易無線登録局のハンディ機「TPZ-D510」の新ファームウェア(Version 1.10)を公開した。また同機種用のメモリーコントロールプログラム(フリーソフトウェア)「MCP-9B」の新バージョン(Version 1.10)も同日公開された。

 

 

JVCケンウッドの351MHz帯デジタル簡易無線登録局「TPZ-D510」

 

 

●TPZ-D510の新ファームウェア、Version 1.10のおもな変更点(2018年9月21日)

 

・「グループACS(オート・チャンネル・セレクト)機能」で、従来の”グループACS 1〜7″に加え、新たなグループACS種別として”グループACS A〜G”を追加しました。

 

≪グループACS種別の切り替え方法≫
 1) 【メニュー】キーを押しながら電源を入れて拡張メニューに入る。
 2) 【▲】/【▼】を押して「ACS」(オート・チャンネル・セレクト種別)を選択し、【メニュー】を押す。
 3) 【▲】/【▼】を押して「GRP」を選択し、【メニュー】キーを押す。
 4) 【▲】を1回押して「GRP」を選択し、【メニュー】キーを押す。
 5) 【▲】/【▼】を押して「GRPA-G」(グループACS A~G)または「GRP1-7」(グループACS 1~7)を選択し、【メニュー】を押す。
 6) 【PTT】もしくは【サイド】を押し、拡張メニューを終了させる。

 

 ※”グループACS 1~7″と”グループACS A~G”は互換性がありませんので、ご使用時は設定を合わせて下さい。
 ※Ver.1.10へアップデートすると、グループACSの初期設定は”グループACS A~G”となります。
 ※くわしくは、「取扱説明書 訂正・変更のお知らせ」の2ページ「グループACS機能について」をごらんください。

 

 

●メモリーコントロールプログラム「MCP-9B」の新バージョン、Version 1.10のおもな変更点(2018年9月21日)

 

・[編集(E)]-[オプション機能(O)]の[共通 4]タブの「オート・チャンネル・セレクト種別」で、「グループACS A~G」と「グループACS 1~7」を選択出来るようにしました。
・[編集(E)]-[オプション機能(O)]の[拡張メニュー]タブの「表示メニューリスト(F3)」に”グループ・オート・チャンネル・セレクト種別”を追加しました。
※無線機本体のファームウェアが Ver.1.10(以降)で設定可能です。

 

 

 なおTPZ-D510のファームウェア更新やメモリーコントロール用プログラムMCP-9Bの導入・更新には、パソコンとTPZ-D510とを接続するオプションのプログラミングケーブル KPG-186Uが必要になる。詳細は下記関連リンク参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・TPZ-D510 ファームウェアアップデートプログラム Version 1.10(JVCケンウッド)
・TPZ-D510 メモリーコントロール用プログラム MCP-9B Version 1.10(JVCケンウッド)

 

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」