hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 【追記:当日の様子を伝えるニュース動画】<ARISSスクールコンタクト>国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士、9月26日(水)17時47分から岡山県倉敷市立帯江小学校の児童(8N4KLO)と交信!!


【追記:当日の様子を伝えるニュース動画】<ARISSスクールコンタクト>国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士、9月26日(水)17時47分から岡山県倉敷市立帯江小学校の児童(8N4KLO)と交信!!

アマチュア無線の資格を持ち、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士と、子どもたちが交信を行うプロジェクト「ARISSスクールコンタクト」。2018年9月26日(水)の17時47分から、岡山県倉敷市立帯江(おびえ)小学校の児童が「8N4KLO」のコールサインで交信を行う予定だ。これが日本から通算96例目のARISSスクールコンタクトとなる。ISSから登場するのはNASA所属のリチャード・アーノルド宇宙飛行士(KE5DAU)だ。

 

 

【追記:ARISSスクールコンタクト当日のニュース動画】2018年9月27日(木)13時10分

 

 地域ニュースを伝える山陽新聞のWebサイト版「山陽新聞デジタル」において、2018年9月26日(水)に実施された、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士と岡山県倉敷市立帯江(おびえ)小学校の児童との交信イベント「ARISSスクールコンタクト」の様子を伝えるニュース「児童が宇宙ステーションと交信 倉敷・帯江小、無線でやりとり」のほか、ニュース動画が公開された。

 

 ニュース動画には、ISSとの交信を前に緊張する児童のみなさんや、最後の拍手とともに達成感や安堵感が伝わってくる様子が映っている。

 

 

●関連リンク:

・【動画】児童が宇宙ステーションと交信 倉敷・帯江小、無線でやりとり(山陽新聞デジタル)
・児童が宇宙ステーションと交信 倉敷・帯江小、無線でやりとり(山陽新聞デジタル)

 


 

 

8N4KLOとのARISSスクールコンタクト時における、ISSの軌道予測

 

 

 ISSの宇宙飛行士と日本の子供たちの交信は、9月17日に行われた大阪府堺市立鳳小学校の児童たち(8N3OH)との交信以来となる。帯江小学校は1874(明治7)年の創立で2017年度は628名の児童が在籍。今回は代表19名が質問を行うという。

 

 交信は日本時間の9月26日(水)17時47分27秒からおよそ10分間にわたって行われる。国際宇宙ステーションのコールサインは「NA1SS」。ARISS JapanのWebサイトによると、ISSからは145.80MHzで音声信号が送られてくる。現在ISSには日本人宇宙飛行士が滞在していないため、交信はNASA所属のリチャード・アーノルド宇宙飛行士(KE5DAU)が担当し英語で行われる予定だ。予定されている19名の質問は次のとおり。

 

1. Japan has been affected by heavy rain and earthquakes this summer. Could you give us some advice about how to overcome problems?
2. How do you decide when it is day or night?
3. Why did you want to be an astronaut?
4. In 50 years from now, will we be able to live in space?
5. What makes you happy in your mission?
6. What makes you scared in space?
7. What language do you speak on the international space station?
8. How do you see a shooting star in space?
9. What’s the best thing about the earth when you see it from space?
10. What kind of exams and tests did you take to become an astronaut?
11. What do you want to eat when you come back?
12. How do you spend your free time?
13. What is your favorite space food?
14. Is your spacesuit hot?
15. What kind of training did you do?
16. What’s inconvenient in space?
17. What experiments do you do in space?
18. When do you want to go back to Earth?
19. How do you use the toilet?

 

 過去、NA1SSから発射された宇宙飛行士の声に対しては「見晴らしのよい場所で、ハンディ機に付属ホイップアンテナでも聞こえた」「アパートのベランダから斜めに付き出したモービルホイップでキャッチした」といった受信リポートがTwitterに書き込まれていた。ビームアンテナに仰角ローテーターといった本格装備がなくても、ISSの軌道が高く状態の良いタイミングなら、受信のチャンスはありそうだ。

 

 

 言うまでもないことだが、この日のために準備と交信の練習を重ねてきた子どもたちの夢を壊さぬよう、静かなワッチを心掛けたい。中国総合通信局もDEURAS、DEURAS-Mなどを活用し、交信開始前からバンド内の監視を強化している。

 

 

こちらの記事もチェック↓
<倉敷市50周年記念事業>中国総合通信局、スクールコンタクト in 倉敷実行委員会へ「8N4KLO(145MHz帯/50W)」を発給

 

 

 

●関連リンク:
・岡山県倉敷市で小学生が宇宙飛行士と交信〈スクールコンタクトにアマチュア無線局を免許〉(総務省中国総合通信局)
・Upcoming Contacts(ARISS.org)
・ARISSスクールコンタクト
・「きぼう」/ISSの目視予想情報(JAXA)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」