hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > <ラジオ番組音声(37分間)を公開>中国国際放送(北京放送)、Webサイトに「ハムフェア2018での見聞」会場リポートを掲載


<ラジオ番組音声(37分間)を公開>中国国際放送(北京放送)、Webサイトに「ハムフェア2018での見聞」会場リポートを掲載

「北京放送」の愛称で親しまれている、中華人民共和国の海外向けラジオ放送「中国国際放送(CRI)」。このほど8月25~26日(日)に東京ビッグサイトで開催された「ハムフェア2018」の様子を、「特別企画『ハムフェア2018』での見聞~アマチュア無線家・中山孝蔵さんと共に回る」として放送。その37分間のラジオ音声を10月2日(火)に公開した。番組担当の王小燕氏が、案内役の中山孝蔵氏(JH1TEB)と一緒に会場内を見て回っている様子が楽しめる。

 

 

「特別企画『ハムフェア2018』での見聞~アマチュア無線家・中山孝蔵さんと共に回る」を紹介している中国国際放送のWebサイト

 

 

 特別番組は今夏、東京ビッグサイトで開催された「ハムフェア2018」に併せて番組担当の王小燕氏が来日。初めて訪れた会場内を案内役の中山孝蔵氏(JH1TEB)と一緒に見ながらリポートする様子が聞ける。

 

 案内役の中山氏は、中国から各バンドでアクティブにオンエアーしている日本人の1人なので、交信したハムも多いだろう。

 

 番組ではアマチュア無線を知らない王氏の疑問に答える形で進められ、クラブブースを中心にインタビューを行っている。Q符号が飛び交う会話に、王氏が戸惑う場面も…。会場内の賑やかな様子が思い出される内容だ。

 

 会話の中には、かつてアマチュア無線が“キング・オブ・ホビー”と言われた時代があり、ヨルダン国王(JY1)やタレントのタモリ(ex JA6CSH)もアマチュア無線を楽しんでいたことも紹介している。また、偶然にもCRIリスナーと出会う様子など収録されていた。

 

 下記の関連リンク「『ハムフェア2018』での見聞~アマチュア無線家・中山孝蔵さんと共に回る」で、実際のラジオ番組音声が聞ける。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<日本語音声と写真で楽しめる!!>中国国際放送(北京放送)、Webサイトに「中国アマチュア無線の今」のリポートを掲載

 

 

 

 

 

↓「ハムフェア2018」に関するまとめページはこちらをクリック!

 

 

 

●関連リンク:
・「ハムフェア2018」での見聞~アマチュア無線家・中山孝蔵さんと共に回る(中国国際放送 CRIオンライン)
・王小燕(中国国際放送 CRIオンライン)
・CRIオンライン トップページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)