hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > <新機能追加と事象の改善>エーオーアール、広帯域受信機「AR-DV10」の新ファームウェア v1810Aを公開!!


<新機能追加と事象の改善>エーオーアール、広帯域受信機「AR-DV10」の新ファームウェア v1810Aを公開!!

株式会社エーオーアールは2018年10月5日、ハンディタイプの広帯域受信機「AR-DV10」の新ファームウェア「v1810A」を同社サイト上に公開した。CONFIGメニューに「XTAL OFFSET」と「SAVE TYPE」の項目を追加したほか、各種事象や不具合の改善を行った。

 

 

 

 

 以下、エーオーアールの発表から抜粋で紹介する。

 

●AR-DV10の新ファーム(v1810A)

 

<機能追加>
★ CONFIG メニューに「XTAL OFFSET」項目を追加
 内部の基準周波数を微調整するものです(±9990まで10単位で調整可能)

 

★ CONFIG メニューに「SAVE TYPE」項目を追加
 
SAVE TYPE項目は、受信音声の録音などの、SDカードに保存できる形式を選択するものです。従来の音声録音の他に、IQデータを記録できるようになりました。また、1806Cにおいて追加されたディスクリミネータ出力記録のテキストファイルによる有効化は、このSAVE TYPE選択機能に統合したため、「DISC.txt」ファイルは不要になります。

 

 

<事象改善>
・ファームウェア更新の安定性を向上。(バージョン1810A(および、それ以降)から更新する場合)
・P25受信の復調率を改善。音声の特性を調整した。
・周波数精度を向上。温度による補正機能を実装した。
・コマンド制御時でも、音声再生時の再生進捗表示や倍速再生をできるようにした。
・音声反転や、トーンスケルチ、DCS等の設定値をVFO上に表示するようにした。
・SDカードの互換性を向上、録音時の処理を安定化した。
・DCR/NXDNの秘話機能を高速化した。
・その他の軽微な修正CTCSS等のインジケータ表示に設定値も表示、PRT(プロテクト)を追加など変更した

 

 詳細は下記関連リンクを参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:AR-DV10ファームウェア・リリースノート(エーオーアール)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)