hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 無線家なピン!とくる“あるある川柳”が沸騰中。CQオーム、「アマチュア無線川柳」約400句の中から厳選19句を発表--10月21日(日)~10月27日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

無線家なピン!とくる“あるある川柳”が沸騰中。CQオーム、「アマチュア無線川柳」約400句の中から厳選19句を発表--10月21日(日)~10月27日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキング1位は、無線ショップ「CQオーム」が9月中に募集していた「アマチュア無線川柳」。期間中に約400句の応募あり、このほど第一次選考突破作品として19句を同店が発表したというニュース。川柳は「無線あるある」「ハムフェア」「CQオーム」がテーマで、「アマチュア無線部門」と「フリラ(ライセンスフリー無線)部門」の2つが設けられていたが、今回選ばれた作品はどれも秀逸な、無線家ならピン!とくるユニークな“あるある川柳”ばかりで、厳選された19句が発表されるやいなや多くの無線家の注目を集めた。10月29日にこの中から「最優秀賞」「優秀賞」「特別賞」の作品が決定される。

 

 

★アマチュア無線川柳、第一次選考突破作品(CQオーム)

 

 

 

 続く2位は、「<すでに分配済み!5MHz帯のアマチュア業務に関して言及なし>総務省、「2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方(案)」への意見募集を開始」。総務省は2019年10月下旬に「2019年世界無線通信会議(WRC-19)」が開催されるのを前に、2019年1月7日から1月12日まで、韓国・ソウルにおいて「第4回アジア・太平洋電気通信共同体WRC準備会合(APT-WRC準備会合)」が行われる。今回、その会合に先立ち総務省は「2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方(案)」を作成し、2018年10月24日から11月22日までの約1か月にわたり、一般からの意見(パブリックコメント)募集を実施することを公表した。記事初出時に「注目されるのは日本における5MHz帯アマチュアバンドの部分だが、5MHz帯のアマチュア業務への分配に関する総務省の意見は見当たらなかった」と記したところ、国際的には”前回の「WRC-15」ですでに分配することで決着ずみとなっているため、今回の「WRC-19」の議題としては、最初から取り扱いの予定がない。「そのため、総務省もこの件についての意見募集は行っておらず、行う予定もないと推察される」との意見が寄せられた。詳しくは本記事に「追記」しているので確認してほしい。

 

 

2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方に係る意見募集

 

 

 3位は、軍用無線機に軍用車両…、軍用グッズの愛好者が情報交換と掘り出しもの探しにミリタリー系愛好家が多数集結するイベント「軍用無線秋季キャンプ2018」が、2018年10月20日(土)と21日(日)の2日間にわたり神奈川県相模原市の相模川河川敷で開催され、その模様をリポート。この日を楽しみに全国各地から訪れる常連の参加者も多く、珍しい車両や各種掘り出し物など盛りだくさんな内容だった。2日間の開催ということから、ミリタリー系オリーブドラブ色の大型テントを河川敷に張って宿営を楽しむ光景も見られた。参加者の多くが、コールサインも持つアマチュア無線家で、軍用車両に無線機を積んでいるケースも…。目につくのは、やはり軍用車両の数々だ。訪れたのが1日目の昼ごろだったため、車両の数は少なかったが、それでも三菱自動車・パジェロベースの自衛隊73式小型トラックや、同じくカワサキ・KLX250ベースの偵察用オートバイなど、個人で所有している軍用車両が目を引いた。独自のルートで入手した自慢の車両は、限りなく本物!?に近づける努力が随所に見られ、整備を行も届いていたものばかりだった。

 

 

「軍用無線秋季キャンプ2018」され、全国各地から軍用無線機に軍用車両…、軍用グッズの愛好者が集結!

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<約400句の中から選ばれた19句が最終選考に>CQオーム、「アマチュア無線川柳」の第一次選考突破作品を発表!!

 

2)<すでに分配済み!5MHz帯のアマチュア業務に関して言及なし>総務省、「2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方(案)」への意見募集を開始

 

3)【写真で見る】<河川敷で野営しながら2日間>、ミリタリー系愛好家が多数集結!「軍用無線秋季キャンプ2018」リポート

 

4)<日本時間10月27日(土)19時~>ISS(国際宇宙ステーション)が144MHz帯で12種類のSSTV画像を送信!!

 

5)<再三の行政指導にも関わらず違反行為を継続。強制捜査へ>九州総合通信局、不法無線局(不法市民ラジオ)を開設していたダンプカー運転手を送致

 

6)<若手無線家のコミュニティー「YOTA Japan」>高校生以上25歳以下の若者対象(シャック近隣駅からの送迎&宿泊可)、「JIDXコンテスト(電話部門)」への参加者募集

 

7)「北アルプス・剣岳で滑落事故、遭難者からのアマチュア無線による救助要請に貢献したハムに感謝状」と中日新聞が報じる

 

8)<第3特集は「新世代の秘匿受信入門」>三才ブックスが月刊「ラジオライフ」2018年12月号を刊行

 

9)<申告により移動電波監視を実施>東海総合通信局、三重県松阪市在住のアマチュア無線従事者に対し17日間の行政処分

 

10)<西堀榮三郎記念 探検の殿堂無線倶楽部(JL3YRT)>10月24日(水)、結成10年の記念事業プロジェクトを立ち上げネパールから日本に向けオンエアー

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)