hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <今年も保護者を含め約250名が参加!!>JARL主催「第2回 WAKAMONOアマチュア無線イベント」会場リポート

<今年も保護者を含め約250名が参加!!>JARL主催「第2回 WAKAMONOアマチュア無線イベント」会場リポート

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は、2018年10月28日(日)に東京・秋葉原で22歳未満を対象とした「第2回 WAKAMONOアマチュア無線イベント」を開催し、保護者を含め約250名が来場した。「無線体験コーナー」や「電子工作教室」「講演」「JA1RL/1との交信体験」などさまざまな企画が行われ、会場は子供たちの歓声に包まれた。

 

 

昨年と同数となる約250名(保護者を含む)が来場し、さまざまな企画を楽しんだ

 

 

 JARLは青少年層のアマチュア無線人口を増やすとともに連盟の会員増強を図るため、22歳未満の入会金と会費を1年間実質無料にする「青少年お試し入会キャンペーン」をはじめ、各種の取り組みを行っている。その施策の1つとして、今年も22歳未満を対象とした「WAKAMONOアマチュア無線イベント」を東京・秋葉原で10月28日(日)に開催した。来場者は保護者を含めて約250名。子供たちは工夫を凝らした企画や展示の数々を楽しんだ。

 

 hamlife.jpが会場で撮影・取材した写真を紹介していこう。

 

 

会場はJR秋葉原駅前のオフィスビル「秋葉原UDX」にあるカンファレンスルームで行われた

開場直後には受付に長い行列ができた

事前登録者には名前やコールサインを印刷した参加証を用意。「アイボールQSOゲーム」で交換し合う名刺を兼ねていた

会場内では子供たちがアイボールQSOを行い、名刺を交換するシーンが見られた

特定小電力トランシーバーを多数用意し、参加者に貸し出し。これを使って会場内のスタンプラリーが行われた

特定小電力トランシーバーで交信を楽しむ子供たち

お試し入会の手続きや継続会費の支払いができるコーナーを設置。手続きを行うとお菓子のつかみ取りができる

スマホなどで記念撮影が行える特製フレームを用意

JARLスタッフがインスタントカメラで撮影した参加者の写真を掲示するコーナー

会場内の一角にはJARL中央局の「JA1RL」を設け、144/430MHz帯で参加者と交信し、その場で記念QSLカードを発行した

身近なものを活用したFMラジオの製作コーナー。定員制で3回開催されたがいずれも盛況だった

FMラジオを完成させた参加者の記念写真

 

写真の続きは次ページで!

 

1 2

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」