hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > 【写真リポート】<IC-9700の希望小売価格は!?>のべ300名が来場!! 「北海道アマチュア無線セミナー2018」の模様


【写真リポート】<IC-9700の希望小売価格は!?>のべ300名が来場!! 「北海道アマチュア無線セミナー2018」の模様

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)北海道地方本部は、2018年11月4日(日)に札幌市東区で「北海道アマチュア無線セミナー2018」を開催し、移動運用、FT8入門、新製品解説、南極観測隊の通信、衛星通信など、アマチュア無線に関連した10本の講演とメーカーや関連団体のブース展示で賑わった。その模様を写真で紹介しよう。

 

 

のべ300名の来場者(関係者含む)で賑わった「北海道アマチュア無線セミナー2018」。写真はJAMSATの金子氏による「衛星通信をやってみよう」の講演風景

 

 

 JARL北海道地方本部主催の「北海道アマチュア無線セミナー」は、隔年開催の「北海道アマチュア無線フェスティバル」が行われない年の秋に実施されている。今回は特に講演関係を充実させ、2つの部屋を使って下記の10本の講演が行われた。

 

(1)「衛星通信をやってみよう」
 NPO法人 日本アマチュア衛星通信協会(JAMSAT)理事 金子 明 氏(JA1OGZ)

 

(2)「最近の電波法令違反事例とその対策について」
 総務省 北海道総合通信局 電波監理部長 津幡 岳弘 氏

 

(3)「アマチュア無線を楽しもう!移動運用セミナー」
 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)会長 髙尾 義則 氏(JG1KTC)

 

(4)「新スプリアス対応について」
 一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD) 保証事業センター担当部長 齋藤 一男 氏

 

(5)「ダイレクトサンプリングはついにV/UHFの世界に ~IC-9700の魅力をご紹介~」
 アイコム株式会社 アマチュア無線事業部主任 高岡 奈瑞 氏(JK3AZL)

 

(6)「混信と戦う現代のHF機」
 八重洲無線株式会社 テクニカルサポートマネージャー 黒田 裕司 氏

 

(7)「TS-890の実戦力~その機能と技術~」
 株式会社JVCケンウッド 開発責任者 鳥井 敏雄 氏

 

(8)「FT8の始め方・楽しみ方」
 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL) 石狩後志支部長 三井 武 氏(JA8DKJ)

 

(9)「衛星通信でスリルを味わおう!」
 大和田 明 氏(JA8KGG)

 

(10)「南極生活と通信担当の役割」
 総務省 北海道総合通信局 電波監視官 藤原 聖二 氏(JH8TXD)
 第58次南極地域観測隊 通信担当

 

 また別室ではアマチュア無線機器メーカー(アイコム、JVCケンウッド、八重洲無線、第一電波工業、コメット)や関連団体(JARL、JARD、総務省 北海道総合通信局、北海道電波適正利用推進員協議会)による展示・PRも行われた。

 

別室ではアマチュア無線機器メーカーや関連団体による展示・PRも行われた

 

 当日の講演の模様を中心に、hamlife.jp撮影の写真で紹介しよう。なおアイコムのIC-9700に関する講演については、後日別記事で詳しく紹介する予定だ。

 

 

開会式で挨拶する正村JARL北海道地方本部長(JH8HLU)

北海道総合通信局の津幡電波監理部長による「最近の電波法令違反事例とその対策について」の講演

北海道のアマチュア局の傾向。145MHzおよび435MHzのみで免許を受けている局数が全国平均よりも10ポイント以上高いのが特徴

「不法アマチュア局」の定義の説明。免許を受けているアマチュア局とは本来は別物だが、ある日アマチュア局が不法アマチュア局に化ける可能性を指摘

北海道総合通信局管内の不法無線局取り締まり状況。共同取り締まりで不法(無免許)として摘発したうちの8割以上は、最初から無免許だったわけではなく「再免許を受けずに失効したもの」であると説明があった

北海道総合通信局では、無線局の免許人が不法無線局を発見した場合、総合通信局の対応が必要なときは、文書による電波法80条申告やホームページからの連絡では担当部署に情報が届くのに時間が掛かるため、「ぜひ電話で連絡をして欲しい」と呼びかけている

JARL髙尾会長による「アマチュア無線を楽しもう!移動運用セミナー」と題した講演

JARD齋藤氏による「新スプリアス対応について」の講演

アイコムの高岡氏による「ダイレクトサンプリングはついにV/UHFの世界に ~IC-9700の魅力をご紹介~」の講演。同氏はIC-9700の日本国内の希望小売価格について「(税込みで)20万は切らない状態」「前モデルのIC-911Dと1200MHzユニットを合わせて買う(※hamlife.jp注:8%税込みで216,864円)よりも価格が抑えられるよう、一所懸命ソロバンをはじいているところ。12月頃には正式な値段が出るのではないか」と説明した

IC-9700の主な特徴

RFダイレクトサンプリング方式を採用(144/430MHz帯)した回路構成

IC-910D/911Dは50Wの連続送信時に発熱が顕著だったが、IC-9700は新設計のパワーアンプの採用により高効率で安定した出力を実現。「発熱しにくく安定した運用が可能」という

IC-9700は本体内部にD-STARの「アクセスポイントモード」「ターミナルモード」のアプリを搭載。背面にLAN端子も設けられているので、PCやスマートフォン不要で直接インターネット回線に接続できる

1台で衛星通信に対応できる、各種機能を搭載

 

次ページに続く

 

1 2

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)