hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 開発へ着手!? 期待膨らむ! 西無線研究所、27MHz帯CBハンディ機の需要についてつぶやき大きな反響--11月4日(日)~11月10日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10


開発へ着手!? 期待膨らむ! 西無線研究所、27MHz帯CBハンディ機の需要についてつぶやき大きな反響--11月4日(日)~11月10日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキング1位は、「<NTS620のようなCBトランシーバーを作ったら、需要有るかなあ…?>西無線研究所、Twitterで27MHz帯CBハンディ機の需要についてつぶやく」だった。西無線研究所が、11月5日(月)に同社のTwitterアカウントで「NTS620のような27MHz CBトランシーバーを作ったら、需要有るかなあ…?」とつぶやいたところ、ライセンスフリー無線愛好家(通称“フリラー”)を中心に「需要がある!」とのコメントが相次ぎ驚いているというものだ。その反響を受けて、構造検討用のモックアップやパネル面の新画像、テスト基盤で実験を繰り返している様子、動画などを続々公開。西無線研究所のスピード感あふれる、矢継ぎ早のつぶやきが続き話題となっている。新スプリアス基準に対応する初のハンディタイプのCB(市民バンド)機、さらに10万円を切る販売価格で実現されるか期待が膨らんでいる。

 

 

西無線研究所のTwitterアカウント「西無線研究所@nishimusen」で、新スプリアス基準対応CBハンディ機の開発の様子が矢継ぎ早に公開され、そのスピード感が話題となってる

 

 2位は、11月4日(日)に北海道札幌市東区で開催された、JARL北海道地方本部主催「北海道アマチュア無線セミナー2018」の現地リポート。当日は、移動運用、FT8入門、新製品解説、南極観測隊の通信、衛星通信など、アマチュア無線に関連した10本の講演とメーカーや関連団体のブース展示で賑わった。なかでも、発売間近とされる1200MHz帯搭載としては市販品で世界唯一のVHF/UHF固定機、アイコム株式会社の「IC-9700」について、同社スタッフによる「ダイレクトサンプリングはついにV/UHFの世界に ~IC-9700の魅力をご紹介~」という講演が行われ、「RFダイレクトサンプリング方式を採用(144/430MHz帯)した回路構成」「異なるバンド、異なるモードでのデュアルワッチに対応」「1台で衛星通信に対応できる、各種機能を搭載」など注目を集めた。

 

 

アイコムの高岡氏による「ダイレクトサンプリングはついにV/UHFの世界に ~IC-9700の魅力をご紹介~」の講演

 

 3位は、2018(平成30)年6月28日から7月8日にかけて日本各地で集中豪雨が発生し、西日本を中心に河川の氾濫や洪水、土砂災害などの被害で、200人以上の命が奪われた“平成で最悪の豪雨災害”と言われる、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)。広島県に本社を置く中国新聞社のニュースサイト「中国新聞アルファ」が、当時の様子を伝える広島県警察本部と現場の警察署との交信を記録した「警察無線」の一部(約26分)を同ニュースサイトで公開。「家が流されている」「渋滞で車両が進めない」「土砂崩れが多数発生」など、緊迫した通話内容を聞くことができるという記事。その後、NHKニュースをはじめ、報道ステーション(テレビ朝日)のニュース映像でも警察無線の音声が紹介された。これら動画は記事下の「関連リンク」から確認できる。

 

 

 

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<NTS620のようなCBトランシーバーを作ったら、需要有るかなあ…?>西無線研究所、Twitterで27MHz帯CBハンディ機の需要についてつぶやく

 

2)【写真リポート】<IC-9700の希望小売価格は!?>のべ300名が来場!! 「北海道アマチュア無線セミナー2018」の模様

 

3)<会員登録がなくてもご覧いただけます>デジタル化で受信できない警察無線、中国新聞社の求めに応じて広島県警察が「西日本豪雨」の通信記録を公開

 

4)<オートバイに無線機を取り付けて>中国総合通信局、山口県美祢市・国道435号線で不法にアマチュア無線局を開設していた会社員を摘発

 

5)<無料配布!シャックの必須アイテム>国土地理協会、10月1日誕生「那珂川市(JCC4037)」も網羅する「平成31年カレンダー全国市町村マップ」発行

 

6)<性能体感&セミナーで徹底解説>アイコム、東京・秋葉原と大阪・日本橋で「IC-9700プレ視聴会」を12月に開催!!

 

7)<140MHz帯、出力500mWで外部アンテナ接続可>アイコム、GPSによる見守り機能を備えた新規格対応ハンディ機「IC-DRC1」を新発売

 

8)<イヤホンマイクをポン! 初搭載「接客モード」>アルインコ、ボディーカラー3色&生活防水仕様の特定小電力ハンディ機「DJ-CH3」を11月下旬から発売

 

9)<英国の販売代理店>Icom (UK) Ltd.、新製品「IC-9700」の発売予定時期と推奨価格を発表!!

 

10)<11月分のスケジュール判明>JVCケンウッド、新製品「TS-890」の特別試聴商談会を全国で開催中

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ソニー ハンディーポータブルラジオ「ICF-P36」               ※300件以上のレビューあり!