hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ライセンスフリー無線 > <いよいよ発売!! 新規格“デジタル小電力コミュニティ無線”>アイコム「IC-DRC1」開封リポート


<いよいよ発売!! 新規格“デジタル小電力コミュニティ無線”>アイコム「IC-DRC1」開封リポート

アイコム株式会社は140MHz帯を使用した“免許・資格・通話料不要、地域コミュニティの安心・安全・快適をサポートするGPS搭載無線機”こと「デジタル小電力コミュニティ無線」のIC-DRC1を2018年11月中旬に発売する。その製品版の開封リポートを速報で紹介しよう。

 

 

今月発売される、アイコムのデジタル小電力コミュニティ無線機「IC-DRC1」

 

 

 アイコム株式会社のIC-DRC1は安心・安全・快適な地域コミュニティをサポートする新規格の無線システム「デジタル小電力コミュニティ無線」に対応した初の製品で、4値FSKデジタル方式を採用。140MHz帯(142.934375~142.984375MHz、146.934375~146.984375MHzの18波)で送信出力は500mW。IC-DRC1との組み合わせで認証を受けた外部アンテナも使用可能だ。

 

「免許・登録申請・電波利用料不要で、誰でもすぐに使える」「相手局のGPS位置情報を取得可能」「パソコン上で交信相手の位置を地図上に表示可能(無償提供されるソフトウェアを使用)」「相手局の周辺音声をモニター可能」「FMラジオ機能(76.0~95.0MHz)搭載」などの特徴を備え、自治会やサークルなど、防災・防犯用途に限らずコミュニティの連絡用として広く使用できるほか、個人が家族や仲間との連絡に使うこともできる。希望小売価格は29,800円(税別)だ。

 

 このIC-DRC1の製品版パッケージの開封リポートを写真で紹介しよう。

 

IC-DRC1のパッケージは印刷などがないシンプルなものだ

パッケージを開けると最上部に保証書、アンテナに関する説明、使用説明書がある

その下にIC-DRC1本体、アンテナ、充電器、ケーブル、バッテリーパック、ストラップ、ベルトフックなどが収められている

すべてのものを並べたところ。USBタイプの充電器は非常に小さい

付属のリチウムイオンバッテリーパック(BP-286)と、本体のバッテリーパック装着スペース

「ご使用になる前に」という説明書とアンテナに関する案内文書。詳細版の取扱説明書は同社ホームページからPDF版で提供される

「IC-DRC1用アンテナについて」という案内文書。現時点でIC-DRC1との組み合わせで登録されているアンテナの形式が記載されている

電源を入れるとアイコムのロゴと型番を表示

続けて無線機固有の機器IDを表示

続いて初期の待ち受け状態になる。ちなみに呼出用チャンネルはCH18だ

 

 

 IC-DRC1の詳細は下記関連リンクの同社製品情報を参照のこと。

 

↓この記事もチェック!

【ハムフェア2018】<動画リポート第6弾>免許不要!140MHz帯0.5W、アイコムのデジタル小電力コミュニティ無線「IC-DRC1」

 

<140MHz帯、出力500mWで外部アンテナ接続可>アイコム、GPSによる見守り機能を備えた新規格対応ハンディ機「IC-DRC1」を新発売

 

 

 

●関連リンク:
・製品情報 デジタル小電力コミュニティ無線機 IC-DRC1(アイコム)
・IC-DRC1 取扱説明書ダウンロード(アイコム)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)