hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <3年間で1,751名の2アマが誕生!!>JARD、平成29年度の「2アマ養成課程」「3アマeラーニング」の実施状況を発表


<3年間で1,751名の2アマが誕生!!>JARD、平成29年度の「2アマ養成課程」「3アマeラーニング」の実施状況を発表

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は2018年12月6日、平成29年度(2017年4月~2018年3月末)の第二級アマチュア無線技士の養成課程(eラーニング、集合講習)および第三級アマチュア無線技士eラーニング養成課程の実施結果を発表した。それによると平成29年度の2アマ修了試験の合格率はeラーニングが97%、集合講習が100%で、合計548名の2アマが誕生したことがわかった。2アマ養成課程がスタートした平成27年度から3年間で1,751名の2アマが誕生したことになる。

 

 

 

 

 JARDが発表した内容から抜粋で紹介する。

 

◆2アマeラーニング養成課程
 インターネットに接続したパソコンやスマートフォンを使い、自分で立てた学習スケジュールに沿って学べる方式。修了試験は全国200か所以上に設置された「CBTセンター」で受験する。平成29年度は2017年4月期、7月期、10月期、2018年1月期の4回実施し、修了率(合格者/受講者)は78%、合格率は(合格者/失格者を除く受講者)は97%となった。
 受講者のうち約2割が、受講開始後に「仕事が忙しくなった」などの理由で受講を断念している。

 

 

平成29年度2アマeラーニング受講者の年齢構成とエリア別分布

 

◆2アマ集合講習
 従来の4アマ、3アマ養成課程講習会と同様、教室で講師による授業を受ける「集合講習」は2017年9月に東京都、2017年10月に香川県丸亀市、2018年1月に大阪府で開催した。のべ10日間、合計46時間の授業を受けなければならないが、欠席時間が規定を超過した「失格者」は丸亀市の1名だけで、修了試験が受験できた者は全員が合格した。

 

 

 

◆3アマeラーニング養成課程
 誰でも受講できる3アマeラーニング養成課程は平成29(2017)年4月期からスタートし、平成30(2018)年7月期までで16回開催され合計315名が受講。開始後に「仕事が忙しくなった」などの理由で受講を断念した27名を除く283名が修了試験を受験し全員が合格している。
 これにより平成29年度の修了率(合格者/受講者)は91%、合格率(合格者/失格者を除く受講者)は100%、平成30年度4月期から7月期までの修了率(合格者/受講者)は84%、合格率(合格者/失格者を除く受講者)は100%となっており、平成30年11月末現在でも「合格率100%」が続いている。
 なおJARDの3アマeラーニング養成課程は今年9月から随時受付随時受講となり、最短で申込翌日から受講が出来るようになった。

 

 

平成29年度3アマeラーニング受講者の年齢構成とエリア別分布

 

 このほかJARDの発表では、3アマeラーニング修了者アンケートの結果も掲載している。詳細は下記関連リンク参照。

 

 

 

●関連リンク:
・1,751名誕生 第2級アマチュア無線技士~2アマ養成課程の実施状況~(JARD)
・3アマeラーニング合格率100%更新中~平成29年4月からの実施状況~(JARD)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」