hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <年間アクセスランキング付き!!>hamlife.jpの掲載記事で振り返る「2018年アマチュア無線界の話題」

<年間アクセスランキング付き!!>hamlife.jpの掲載記事で振り返る「2018年アマチュア無線界の話題」

【あけましておめでとうございます。今年もhamlife.jpを宜しくお願い申し上げます】
年末年始恒例のスペシャル企画として、hamlife.jp掲載記事で1年間を振り返る「2018年アマチュア無線界の話題」をお届けしよう。

 

 

関東総合通信局 三浦電波監視センターから見た早朝の富士山(1月1日撮影)

 

 

 まずは2018年にhamlife.jpへ掲載した記事の中から、反響の大きかったものをキーワードで振り返ってみよう。
 ※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

★災害、社会的な関心事~北海道胆振東部地震、テレビに登場したハム~

 

NHKの緊急地震速報より

 

 

 9月6日午前3時7分、北海道の胆振地方を震源とする震度6強の地震(※後に「震度7」に訂正)が発生。家屋の倒壊や土砂崩れなどで死者41人、負傷者749人、住家の全壊415棟、半壊1346棟、一部破損8607棟を出す被害となった。この地震の影響で電力の供給バランスが崩れ、道内のすべての火力発電所が停止し、北海道内全域の約295万戸が停電し、ブラックアウトが解消したのは8日のことだった。hamlife.jpでは停電が長引いた場合、携帯電話の基地局や電話局の非常用電源(バッテリー、発電機)が停止し、通話や通信ができなくなる可能性があることから、アマチュア無線で非常通信が行われることもあるので、以下の周波数はクリアにし、ワッチを心掛けようという呼びかけを行った。

 

【北海道で震度6強、道内全域で停電中】アマチュア無線の「非常通信周波数」をクリアに!!
https://www.hamlife.jp/2018/09/06/exz-freq/

 

 

 2018年はアマチュア無線や無線家がテレビで取り上げられることが多かった。特に6月4日の「所&林修のポツンと一軒家」に登場した埼玉県飯能市の山頂の一軒家は注目を集め、同記事へのアクセス数は2018年新規掲載記事で第1位を記録した。

 

(C)朝日放送テレビ(ABC)「ポツンと一軒家」

 

<テレビ朝日系列「所&林修のポツンと一軒家」>ハム歴54年!! 大型タワー6基が山の上にそびえ立つ無線家のシャックが登場
https://www.hamlife.jp/2018/06/04/potsunto-ikken-ya-ja1uts/

 

 

<“ポツンと一軒家”が再び!?>NHK BSプレミアム「ヤミツキ人生!」(8月25日 23:45~)、山頂に巨大アンテナを建てたハムが登場!!
https://www.hamlife.jp/2018/08/21/nhk-bsp-yamitsuki-hamradio/

 

 

<笑福亭鶴瓶&ももクロに無線交信を披露!!>大阪大学アマチュア無線クラブ(JA3YKC)、関西テレビの「桃色つるべ」(今夜放送)に登場
https://www.hamlife.jp/2018/08/24/ja3ykc-momotsuru/

 

 

★さまざまな新製品の登場~アマチュア無線機編~

 

名機“ワンノーワン”がSDR技術の採用で復活!? 八重洲無線「FTDX101D」

 

 

 局数減少に伴う売上減少に悩むアマチュア無線業界だが、それでも、さまざまな新製品が発表され、その都度大きな話題となった。なおJVCケンウッドのTS-890は9月に発売された。アイコムのIC-9700は2019年1月下旬の発売が決定している。八重洲無線のFTDX101D/MPは現時点で発売開始時期の公式発表は行われていない。

 

<最大出力は550W>アツデン、HF~50MHz帯の小型リニアアンプ「AZR-550FZ」の発売を告知
https://www.hamlife.jp/2018/02/05/azden-azr550fz-release/

 

 

【追記:公式サイトに商品情報掲載】<フロントスピーカー搭載、C4FMデジタルとアナログFMに対応>八重洲無線、144/430MHz帯モービル機「FTM-7250D」「FTM-7250DS」を発表!!
https://www.hamlife.jp/2018/03/12/yaesu-ftm7250d-release/

 

 

【追記:製品情報ページも公開】<2波同時受信/同時録音に対応、GPS機能も搭載>アイコム、デジタル波対応の広帯域ハンディレシーバー「IC-R30」を3月末から発売開始!!
https://www.hamlife.jp/2018/03/26/icom-icr30-release/

 

 

【追記:「西日本ハムフェア」で展示!!】<最大出力6W、TCXO標準装備、電池容量は35%アップ>八重洲無線、リニューアルしたHF~430MHz帯ポータブル機「FT-818ND」を発売!!
https://www.hamlife.jp/2018/02/26/yaesu-ft818nd-release/

 

 

<製品情報ページ公開、カタログPDFも掲載>エーオーアール、デジタルレシーバー「AR-DV10」を4月20日に出荷開始!! 税別価格128,000円
https://www.hamlife.jp/2018/04/14/aor-ardv10-release/

 

JVCケンウッドのTS-890シリーズ(同社プレスリリースより)

 

【米国ハムベンション2018】<“謎の広告”のリグ、ついにベールを脱ぐ!!>JVCケンウッドブース、HF/50/70MHz帯の新製品「TS-890S」を展示
https://www.hamlife.jp/2018/05/18/hamvention2018-ts890s/

 

 

【米国ハムベンション2018】<SDR技術を採用、デュアルレシーブ機能搭載>八重洲無線、HF/50MHz帯の固定機「FTDX101D」を参考出品!!
https://www.hamlife.jp/2018/05/18/hamvention2018-yaesu-ftdx101d/

 

「ハムフェア2018」で展示されたアイコムの144/430/1200MHz帯のオールモード機、IC-9700

 

【ハムフェア2018】<IC-9700とデジタル小電力コミュニティ無線機が登場!!>アイコム、「ハムフェア2018」会場で展示する新製品を公表
https://www.hamlife.jp/2018/08/23/icom-hamfair2018-tenjiyokoku/

 

 

<HRI-200不要でノード局の開設が手軽に>八重洲無線、WIRES-Xの「ポータブルデジタルノード機能」を国内でも発表!!
https://www.hamlife.jp/2018/05/22/yaesu-wiresx-portable-digital-node/

 

 

<出力5W、税別価格は22万円>ポラリスプレシジョン、アマチュア無線業界に参入!! 14/18MHz帯のポータブル機「ONE」を2019年に発売
https://www.hamlife.jp/2018/10/15/polaris-precision-one-release/

 

 

★さまざまな新製品の登場~ライセンスフリー無線編~

 

ポラリスプレシジョンの「Blackbird」初回50台限定のインディゴブルー塗装版

 

 

 特定小電力無線、デジタル簡易無線(登録局)、市民ラジオと言ったライセンスフリー無線の世界でも新製品の発表、発売開始が相次いだ。特に27MHz帯AMの市民ラジオでは、サイエンテックスでSR-01の開発責任者だった吉澤氏が独立し、ポラリスプレシジョン合同会社を立ち上げ、高級モデルの「Blackbird」を発表。さらに片手で持てる「Bluebird」の開発も進めているという。また秋には兵庫県の西無線研究所が胸ポケットに入るNTS111の開発に着手するなど注目が集まっている。

 

<約160gの軽量ボディ、アンテナ固定式で2W出力>JVCケンウッド、351MHz帯デジタル簡易無線機(登録局)「TPZ-D510」を新発売!!
https://www.hamlife.jp/2018/04/12/jvckenwood-tpzd510-release/

 

 

<「KANHAM2018」会場で展示>ポラリスプレシジョン、新技適対応の市民ラジオ(27MHz帯)「Blackbird」を発表!! 本体価格は18万円
https://www.hamlife.jp/2018/07/02/polaris_precision-blackbird/

 

 

<2マイク方式のノイズキャンセル機能搭載>八重洲無線、業務仕様の351MHz帯デジタル簡易無線登録局ハンディ機「VXD30」まもなく発売開始!!
https://www.hamlife.jp/2018/10/17/yaesu-vxd30-release/

 

 

<防塵・防水性能に優れた小型&軽量ボディ>八重洲無線、特定小電力ハンディ機「FTH-615/FTH-615L」と奥行き17mmの超薄型「FTH-635」を発売へ
https://www.hamlife.jp/2018/10/18/yaesu-fth615-fth635-release/

 

 

<「製品開発を進める」ことを発表!!>西無線研究所、「CB無線27MHzハンディトランシーバー『NTS111』開発ページ」オープン
https://www.hamlife.jp/2018/11/12/nishimusen-n-cb-nts111kaihatsu/

 

株式会社西無線研究所 代表取締役の西 祐治氏(JI3CKA)

 

<いよいよ発売!! 新規格“デジタル小電力コミュニティ無線”>アイコム「IC-DRC1」開封リポート
https://www.hamlife.jp/2018/11/21/icom-icdrc1-kaifu/

 

 

<「2波同時受信機能」を採用>アルインコ、特小トランシーバーの新製品「DJ-P240」を発表!!
https://www.hamlife.jp/2018/11/27/alinco-djp240-release/

 

 

<発売は「来年のEスポシーズンに間に合わせたい」>ポラリスプレシジョン、ハンディタイプの新技適CB機「Bluebird」を開発中!!
https://www.hamlife.jp/2018/11/30/polaris-precision-bluebird-release/

 

 

★JARL ~通常選挙を経て新理事が決定、髙尾会長が再選~

 

JARL「第7回定時社員総会」の開催風景

 

 

 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は2年に一度の通常選挙が実施される年だった。正員による投票と社員総会による決議を経て、6月24日に新理事の顔ぶれが決定。さらに通常総会後の新理事会で会長にJG1KTC 髙尾氏が再任、副会長にJA8ATG 原氏(再任)とJA5SUD 森田氏、専務理事にJE1KAB 日野岳氏が選出された。
 また昭和45年から平成24年までの41年間、JARL会長を務めたJA1AN 原 昌三氏が2018年6月9日朝に91歳で逝去、12月のアイボールミーティング2018で4名の「ハムの国会議員」が出席、第42回理事会で「コンテスト時のQSLカード交換の自粛」について協議された記事も注目を集めた。

 

【速報】<投票率は前回より1.3ポイント上昇>JARL、「平成30年通常選挙」の開票結果を告示
https://www.hamlife.jp/2018/04/21/jarl-senkyo-kekka-2018/

 

 

【速報】<JARL第7回定時社員総会>会長はJG1KTC 髙尾氏が再任!! 副会長はJA8ATG 原氏とJA5SUD 森田氏
https://www.hamlife.jp/2018/06/24/jarl-kaicho-sainin/

 

 

【訃報】JA1AN 原 昌三氏(JARL元会長、JARD名誉会長)
https://www.hamlife.jp/2018/06/09/ja1an-sk/

 

 

<今年も保護者を含め約250名が参加!!>JARL主催「第2回 WAKAMONOアマチュア無線イベント」会場リポート
https://www.hamlife.jp/2018/11/01/jarl-wakamono-event-kekka-2018/

 

 

<「コンテスト時のQSLカード交換の自粛」「FDコンテストの開始時間」などを協議>JARL、第42回理事会報告を会員専用ページに掲載
https://www.hamlife.jp/2018/11/23/jarl-rijikai-houkoku-42/

 

「2018 JARLアイボールミーティング」の会場風景

 

<“ハムの国会議員”4名が参加>JARL、年末恒例「2018 JARLアイボールミーティング」を開催!!
https://www.hamlife.jp/2018/12/07/jarl-2018-eyeball-meeting/

 

 

<毎週日曜日21時から「FMぱるるん」で放送>JARL、来年1月6日からラジオ番組「Radio JARL.com」をスタート!!
https://www.hamlife.jp/2018/12/07/radio-jarl-com/

 

 

★総務省 ~悪質な電波法違反事案にアクセス集まる~

 

 平成4年の郵政省令(電波法施行規則)でアマチュア局にも適用された無線局免許証票。「送信装置のある場所に無線局免許証票を備え付けなくてはならない」という規則が3月1日で廃止された。また同時にアマチュア局の無線局免許状の掲示義務も廃止された(「無線設備の常置場所に免許状を備え付けなくてはならない」という条項は残っている)。不法無線局取り締まり現場の混乱が懸念されたが、今のところ大きな問題は生じていないようだ。なおきょう1月1日からは無線局免許申請書の様式も変更されている。

 

 

トラックの荷台部を利用して悪質巧妙に偽装されたボディーアンテナの概要(発表資料から)

 

 hamlife.jpでは、各総合通信局が報道発表した電波法違反事案を抜粋で報じているが、2018年に最もアクセス数が多かったのは下記の2件の違反事案だった。

 

<取り締まり逃れ!悪質巧妙な「偽装アンテナ」>九州総合通信局、トラックの荷台部をアンテナにしていた不法CB運用者を摘発
https://www.hamlife.jp/2016/11/10/huhou-musenkyoku-torishimari-473/

 

 

<14MHz帯を3アマ、4アマの資格で運用…>東北総合通信局、電波法令に違反した無線従事者2名に対し43日間の行政処分
https://www.hamlife.jp/2016/10/07/huhou-musenkyoku-torishimari-447/

 

 

 また流行中の電波型式「FT8」について、関東総合通信局は工事設計書の記載方法などについて、積極的に簡略化などを発表し注目された。

 

<記載例付き!「JT65」「FT8」などの手続きが大幅に簡素化>関東総合通信局、「アマチュア局の工事設計書における記載の簡略について」を公表
https://www.hamlife.jp/2018/03/02/kanto-soutsu-jt65_ft8_kansoka/

 

 

<現FT8の登録があれば特例で「FT8+」使用の手続きは不要>関東総合通信局、WSJT-X 2.0リリースに伴い「現FT8(FT8)及び新FT8(FT8+)の処理方法」を告知
https://www.hamlife.jp/2018/12/11/kanto-ft8plus-tokurei/

 

 

★アマチュア無線イベント ~現地取材を敢行~

 

初開催!! 約2,000名の入場者で賑わった「東北復興アマチュア無線フェスティバル」会場全景

 

 

 2018年もさまざまなアマチュア無線イベントが行われた。3月11日に初開催された「東北復興アマチュア無線フェスティバル」をはじめ、hamlife.jpではさまざまなイベントの現地取材を敢行した。

 

<まさか…抽選会で“来賓のあの人”にFT-7900が当たる>写真で見る!「ちばハムの集い2018」が2月18日(日)に開催
https://www.hamlife.jp/2018/02/20/jarl-chiba-event-2018yotsukaido/

 

 

<賑やかで楽しいブースを訪問♪>3月4日開催「第17回 西日本ハムフェア」の会場写真
https://www.hamlife.jp/2018/03/24/nishiham2018-ph/

 

 

<3月11日開催、約2,000名が集まった>「東北復興アマチュア無線フェスティバル」の写真101枚を大公開!!
https://www.hamlife.jp/2018/03/28/tohoku-hukkou-hamfes-photo/

 

 

【KANHAM2018】<FTDX101D、TS-890が国内初展示>写真追加!!「第23回 関西アマチュア無線フェスティバル」、猛暑38度の中で大盛況
https://www.hamlife.jp/2018/07/14/kanham2018-report/

 

「ハムフェア2018」開場前の風景

 

【ハムフェア2018】<初日は27,000名が来場!!>メーカー&一般コーナー中心の写真リポート
https://www.hamlife.jp/2018/08/26/hamfair2018-shonichi-report/

 

 

【写真リポート】<IC-9700の希望小売価格は!?>のべ300名が来場!! 「北海道アマチュア無線セミナー2018」の模様
https://www.hamlife.jp/2018/11/07/jarl-hokkaido-event-report/

 

 

2018年の年間アクセスランキングは次ページで公開!!

 

 

1 2

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」