hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <WIRES-X ポータブルデジタルノード機能を追加>八重洲無線、WIRES-Xソフトウェアの最新バージョン「Ver.1.500」を公開

<WIRES-X ポータブルデジタルノード機能を追加>八重洲無線、WIRES-Xソフトウェアの最新バージョン「Ver.1.500」を公開

八重洲無線株式会社は2019年1月4日、独自の「C4FMデジタルモード」に対応したVoIPシステム、「WIRES-X」のノード局用パソコンソフトウェアの最新バージョンとしてVer.1.500を公開した。今回のアップデートにより同社のC4FMハンディ機、FT2Dとパソコンを接続したポータブルデジタルノード局の運用が可能になった。

 

 

 

 

 八重洲無線のWebサイト(WIRES-Xノードオーナーページ)で公開された「WIRES-X ソフトウェア Ver.1.500」の概要は下記のとおり。

 

●公開されたWIRES-X ソフトウェア

 

・バージョン名:Ver.1.500 (wx1500jp.zip)

 

・おもな変更点:

 

(1)WIRES-X ポータブルデジタルノード機能を追加しました。
 WIRES-Xポータブルデジタルノード機能に対応するC4FMデジタルトランシーバ(FT2D)とパソコンを接続したポータブルデジタルノード局の運用が可能になりました。

 

(2)ノード局のDG-IDを“00”(オープンノード局)に設定した場合に、“00”から“26”までの2桁のサブコードを設定できるようにしました。
 サブコードを“00”に設定したときは、全てのDG-ID番号のC4FM デジタルの信号を中継します。サブコードを“01”~“26”に設定したときは、サブコードが一致するC4FMデジタルの信号のみを中継し、一致しないC4FMデジタル信号は中継しません。サブコードを設定することで、移動局(ユーザー局)の通信範囲内に複数のオープンノード局(DG-ID番号:00)が存在する状況での混信を回避することができます。
 例)”00-01″ :  DG-ID番号(00)/ サブコード(01)

 

(3)デジタルノード局だけが接続できるデジタル専用ルームを開設する設定を追加しました。
 (HRI-200を接続したノード局よりルームの開設を行うことができます)

 

(4)その他、機能改善および最適化を行いました。

 

 

 なお同社は「WIRES-Xポータブルデジタルノード機能」について、次のように説明している。

 

「ポータブルデジタルノード機能に対応するC4FMデジタルトランシーバー(FT2D:ファームウエアアップデートで対応)とWIRES-Xノード局用PCソフトウエア(Ver1.500)をインストールしたパソコンを直接接続し、接続したトランシーバー(FT2D)のPTT操作により直接、WIRES-Xを通じた交信を楽しむことができる機能です。従来のノード局同様、無線通信信号を中継する機能も備わっており、4タイプの通信モードが利用可能です。通信ポートの開放などルータの設定を行う必要がなく、旅行先やWi-Fiアクセスポイントなど外出先でもインターネット回線を使って相手先のノード局やルームにアクセスして通話ができる機動性の高いノード局運用が可能となります」

 

 

 新ソフトウェアのアップデートを行うためには、同社WebサイトのWIRES-Xページから、ノードオーナーページ(要・会員登録)に入り、公開されている「WIRES-X ソフトウェア更新情報」のPDFをよく読んだ上で、ソフトウェアをダウンロードし、パソコンにインストールする必要がある。

 

 

 

●関連リンク:WIRES-X(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」