hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 他人事じゃない!? “ハムの終活”に向けた“無線じまいの互助会的グループ”が発足--1月20日(日)~1月26日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

他人事じゃない!? “ハムの終活”に向けた“無線じまいの互助会的グループ”が発足--1月20日(日)~1月26日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキングで1位は、「<人生の最期まで無線を楽しもう!!>終活に向けた“無線じまい”の互助会的グループ『滋賀DXファイナルクラブ』発足」。多くの人が生涯を掛けて楽しんでいる趣味、アマチュア無線。しかし、いずれはたくさんの無線機やアンテナ、タワーなどを遺して旅立っていくことになる…。そのとき残された家族は無線機の処分やアンテナの撤去、無線従事者免許証や無線局免許状の返納といった問題に直面するだろう。他人事ではない、そんな終活に向けた“無線じまい”の互助会的グループが、滋賀県内でDX通信を楽しんでいる現役ハム9名によって誕生したことに関心が集まった。

 

 

「滋賀DXファイナルクラブ」メンバーのコレクション。丹精込めた自作機や往年の無線機が所狭しと並ぶが、こうした“お宝”もいずれは整理しなれけばならない…

 

 

 続く2位は、四国総合通信局が一般人からの混信申告により不法無線局の探査を実施した結果、香川県東かがわ市在住の男が、民家で総務大臣の免許を受けずに不法市民ラジオを開設し運用していたことを確認。電波法違反容疑で運用者を香川県東かがわ警察署に告発し、同運用者は同警察署より検察庁に送検されたというニュース。不法市民ラジオの摘発は車両に開設している場合が多いが、今回は民家(固定局)ということで、四国総合通信局が公表した「不法に開設し運用していた無線設備」画像には、往年の名機「FT-101ES」やリニア「FL-2100Z」などが写っていたため、昭和を思わせるラインアップに、長年その場所から不法運用を行っていたことをうかがわせた。

 

 

不法に開設し運用していた無線設備(報道資料から)

 

 

 

 3位には、2019年1月18日に一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)が、演歌歌手で2アマの水田(みた)かおり(JI1BTL)と、シンガーソングライターで3アマのMasaco(JH1CBX)の2名を、初の試みとして「JARL広報大使」に任命したという記事。両名は今後アマチュア無線とJARLに関するさまざまなPR活動を行っていくという。髙尾JARL会長(JG1KTC)は「お二人には、単にJARLを盛り上げるのではなく、幅広くアマチュア無線を盛り上げ、アマチュア無線全体を元気にしていただきたいということで、今回任命させていただきました。お二人のご活躍によって、きっと女性の入門者も増えていくと思います」と述べ、今後の活躍に期待を寄せた。hamlife.jpでは独自に両名のコメントも掲載している。

 

 

「JARL広報大使」に任命されたJI1BTL 水田かおりさん(写真左)とJH1CBX Masacoさん(写真右)。中央は髙尾JARL会長

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<人生の最期まで無線を楽しもう!!>終活に向けた“無線じまい”の互助会的グループ「滋賀DXファイナルクラブ」発足

 

2)<一般人からの混信申告により発覚!>四国総合通信局、民家で不法市民ラジオを運用していた香川県東かがわ市の男を地元警察署へ告発

 

3)<アマチュア無線とJARLのPRを務める>演歌歌手 水田かおり(JI1BTL)とシンガーソングライター Masaco(JH1CBX)が「JARL広報大使」に就任!!

 

4)<仕様変更で、ほぼリアルタイムにデータ更新へ>無線局等情報検索(1月21日時点)、アマチュア局は1週間で468局減少し「415,911局」

 

5)インドネシア共和国(YB)、アマチュア無線に2200mバンド(135kHz帯)/630mバンド(475kHz帯)/60mバンド(5MHz帯)の3バンドを開放

 

6)<CQ ham radio誌の新連載>「瓦版 BCLワンダラー」、All India Radio(インド)の受信報告を募集中!

 

7)<モールス(CW)通信の上達に役立つ>日本のハムが開発したフリーソフト「Lerning Morse」「CW MANIA」に注目!

 

8)<ラジオファンのバイブルな1冊>三才ブックス、1月29日に「ラジオ受信バイブル2019」刊行

 

9)<中国製の真空管ラジオキットに悪戦苦闘!?>アマチュア無線番組「QSY」、第51回放送をポッドキャストで公開

 

10)<報道各社との“新春記者懇談会”を開催>髙尾JARL会長(JG1KTC)「2019年の抱負」を語る

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」