hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > <ユーザーの声を反映! 新機能「一発!サーチ」搭載>検索性を強化した新アプリ(iPhone/Android)「<検索強化版>周波数帳2019」配信開始


<ユーザーの声を反映! 新機能「一発!サーチ」搭載>検索性を強化した新アプリ(iPhone/Android)「<検索強化版>周波数帳2019」配信開始

アプリ開発会社の株式会社ハンズエイドは、AM/FMラジオから航空無線、鉄道無線、レジャー無線、官公庁や業務無線局など、国内の周波数データ約14万件を収録した日本で唯一の「周波数帳」(株式会社三才ブックス発行)を基に、iOS(iPhone)版とAndroid版に対応する最新アプリ「周波数帳2019」の配信を開始した。今回、ユーザーの声を反映して新機能「一発!サーチ」で検索性を強化しているほか、過去にチェックしたことのあるデータが識別できる「閲覧済マーク」機能なども新たに搭載された。まず120円でアプリを購入。必要に応じて、アプリ内課金で全国を6エリア(840円~1,200円)に分けられているデータを購入。全国データの一括パックはサービス価格2,800円。購入後は1か月(最大2年間)に1回のペースで最新の周波数データにアップロードされる。

 

 

国内で唯一の周波数データ集「周波数帳」をアプリ化。iPnone版のほかにiPhone版を完全移植も登場したAndroidも同時にリリース

 

 

 アプリ開発会社のハンズエイドは、三才ブックスが発刊する国内で唯一の周波数データ集「周波数帳」をアプリ化した最新版の「<検索強化版>周波数帳2019」を開発。iOS(iPhone)版とAndroid版の2種類同時にダウンロードサービスを開始した。

 

「周波数帳」のアプリ化は2012年版から数えて8作目となるが、ユーザーの意見を取り入れる形で年を重ねるごとに機能などが充実。前回は「AR(拡張現実)機能」を搭載。カメラで撮影している画面上に、現在地から大まかな無線局の位置情報に向け、コンパスのような矢印や周波数情報を表示できる機能を搭載(「周波数帳2019」でも搭載)したが、今回新たに、ユーザーから要望の多かった“検索UI(ユーザーインターフェース)の使いやさ”に重点を置き、「一発!サーチ」機能で検索性を強化している。

 

 

検索性の強化を行ったiOS(iPhone)版とAndroid版に対応の新アプリ「<検索強化版>周波数帳2019」

多くのユーザーから要望があった検索性の強化を行った新機能「一発!サーチ」。フリー検索画面を見やすく、大きく、電卓風UI(ユーザーインターフェイス)化された

 

 

 そのほか、アプリならではの携帯性を活かして、内蔵されている「GPS(全地球測位システム)機能」による現在位置検索や、キーワード検索、周波数のダイレクト入力検索、さらに周波数情報のメモ、受信機などからの音声録音など、スマートフォンならではの機能が満載だ。また、過去にチェックしたことのある周波数データがひと目でわかる「閲覧済マーク」機能なども、新規導入されている。

 

 

チェック済みの周波数データには、「閲覧済みマーク」が表示されるようになった

 

 

 昨年に引き続き、「ブックデータ」という項目には、全国各地で開催される航空ショーごとに、空港(飛行場)の見取り図、周波数割り当て、所属部隊の機種とコールサイン、過去のショーで使用した周波数など網羅する「航空ショー(航空祭)」のほか、月刊「ラジオライフ」の毎年2月号の付録「ラジオライフ手帳」でお馴染みの都道府県データが、印刷物と同じ状態で収録されているほか、「全国鉄道無線周波数マップ」という、鉄道無線の周波数割り当てを路線図マップで収録している。

 

 

 

 まず120円でアプリを購入することで、全国の「アマチュア無線レピーター」「ラジオ(AM/FM/コミュニティ局)」「タクシー無線」の3ジャンルのデータが利用できるほか、受信に役立つ「全国ラジオ局データ」が楽しめる。もちろん、3ジャンルに関して「AR機能」も活用できる。

 

 必要に応じて、アプリ内課金で全国を6エリア(840円~1,200円)に分けられているデータを購入。全国データの一括パックはサービス価格2,800円。購入後は1か月(最大2年間)に1回のペースで最新の周波数データにアップロードされる。

 

 

120円でダウンロードすると、全国の「アマチュア無線レピーター」「ラジオ(AM/FM/コミュニティ局)」「タクシー無線」の3ジャンルのデータが利用できるほか、ラジオ局ごとの「受信報告書宛先」や主な自社制作番組&サイマル放送などの情報が載った「全国ラジオ局データ」が楽しめる。また人気コンテンツの1つ、「航空ショー完全ガイド」も最新版にアップデートされたほか、「ラジオライフ手帳 県別周波数リスト」「全国ラジオ局別データ」など書籍データも更新

昨年の「周波数2018」版から組み込まれた「AR(拡張現実)機能」。現在地をもとに大まかな位置情報に向け、コンパスのような矢印や周波数情報をカメラ画面上に表示することができる

住所のデータが記載されている無線局は、マップとの連携して現在地から無線局のおおよその距離、方角を表示するほか、コンパスモードの搭載で、おおよその向きを“矢印”で表示してくれる

 

 

●新アプリ「<検索強化版>周波数帳2019」概要

 

・データ提供:株式会社三才ブックス
・アプリ開発/販売:株式会社ハンズエイド
・公式サイト:http://hands-aid.jp/app/shuhasucho-app

・アプリダウンロード
 iPhone版(App Store):http://bit.ly/frq2019i
 Android版(Googleplay):http://bit.ly/frq2019a

・価格:有料120円(アプリ内課で追加データ購入形式)

 

 

 アプリは購入した時点で、「アマチュア無線レピーター」「ラジオ」「タクシー」の3つのジャンル約20,000件の周波数データのほか、ラジオ局ごとの「受信報告書宛先」や主な自社制作番組&サイマル放送などの情報が確認できる「ラジオ局別データ」の書籍コンテンツが楽しめる(アプリ内購入は必要ない)。

 

 残りのジャンルを含めた全国約14万件分の周波数データは、ユーザーの必要に応じてエリアごとアプリ内で購入する形式となっている。データは全国を6エリア(840円~1,200円)に分けて販売。全国データの一括購入はサービス価格2,800円。

 

 

「ブックデータ」には、「ラジオライフ手帳」でお馴染みの都道府県データ(左)と、鉄道無線の周波数割り当てを路線図マップ(中央)に示した「全国鉄道無線周波数マップ」を収録(「全国データ一括パック」、または同等のデータ購入者のみ対応)

全国各地で開催される航空ショーごとの詳細データ「航空ショー完全ガイド」を収録(「全国データ一括パック」、または同等のデータ購入者のみ対応)

 

 

・推奨機種:
【iOS】iOS11以降のiPhone/iPad/IPod touch
【Android】6.0 以上
※GPSが内蔵されていない端末では正確な情報は取得できない。

 

 

 実は“全国データパック購入特典”として、隠しコマンド!?が存在! 「盗聴波」と「原発」ジャンルのアイコンが出現し、その周波数データが現れる。詳しくは、ラジオライフ2019年3月号の110ページに掲載。そのほか、同号では「周波数帳2019<検索強化版>活用ガイド」が7ページにわたって紹介されている。周波数アプリをとことん利用するための必読書と言えるだろう。

 

 

ラジオライフ2019年3月号に掲載されている「周波数帳2019<検索強化版>活用ガイド」

 

 

 月刊「ラジオライフ」2019年3月号の購入は、下記のAmazonリンクが便利だ。

 

 

 

 

●関連リンク:
・iOS(iPhone)版アプリ<検索強化版>周波数帳2019ダウンロード(App Store)
・Android版アプリ<検索強化版>周波数帳2019ダウンロード(Google Play)
・周波数帳アプリ公式サイト

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ソニー ハンディーポータブルラジオ「ICF-P36」               ※300件以上のレビューあり!