hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <メンバーは出発地の南アフリカに4か月滞在中>ブーベ島「3Y0I」DXペディションチーム、チャーター船の試験航行後に出発日を発表へ


<メンバーは出発地の南アフリカに4か月滞在中>ブーベ島「3Y0I」DXペディションチーム、チャーター船の試験航行後に出発日を発表へ

“世界で最も人里離れた孤島”という南大西洋にある「ブーベ島」(ノルウェー領)は、DXCCウォンテッドランキング最上位クラスのエンティティーとして、DXペディションが期待されてきた。今回、2018年11月から南アフリカのケープタウンでブーベ島へのアタック準備を進めてきた、熊谷隆王氏(JE1CKA)が日本人オペレーターとして参加する「3Y0I」DXペディションチームの動向が明らかになった。すでにケープタウン滞在が4か月に及び、一時は「3Y0Iは中止」という噂まで流れるなか、チャーター船「Atlantic Tuna号」が10日以内に2~3日間の試験航行を行い、問題なければいよいよブーベ島へ向けての出港日を発表するとしている。

 

 

2019年2月20日付けの3Y0I公式Webサイト「Bouvet Vessel Atlantic Tuna Ship-Tracking Rebel DX Group」は、チャーター船「Atlantic Tuna号(旧「BYR号」)」が10日以内に2~3日間の試験航海を行い、試験航行で問題なければ数日のうちにブーベ島へ向かう出発日を発表すると伝えた

 

 

 

「ブーベ島」と言えば、昨年(2018年)に28年振りの本格的なDXペディションとして「3Y0Z」の運用が計画された、島を目の前にして船のエンジントラブルと悪天候のために上陸を断念。中止となったことは記憶に新しい(2018年2月4日追記記事)。

 

 一方、今回「ブーベ島」からのDXペディションに挑戦する3Y0Iチームは、基本的にドネーションに頼らず、メンバーの自費で行われているという。運用メンバーの1人としてコンテスターとして著名な熊谷隆王氏(JE1CKA)も参加している。。

 

 2018年11月、ブーベ島へメンバーや機材を運搬する「Atlantic Tuna号」が停泊する南アフリカのケープタウンにメンバーが集結。ブーベ島への上陸に備え、さまざまな訓練や機材の点検など行っていたほか、新たにチャーター船の装備を補強する改修作業を行ってきたが、目新しい情報が少ないなかで滞在が4か月に及び、一時は「3Y0Iは中止した」という噂も流れていた。また、自己資金の枯渇を心配する声も聞かれた。

 

 今回、2019年2月20日付けの3Y0I公式Webサイト「Bouvet Vessel Atlantic Tuna Ship-Tracking Rebel DX Group」の情報によると、ブーベ島へ向かうためにケープタウンで準備を進めているチャーター船「Atlantic Tuna号(旧「BYR号」)」は、10日以内に2~3日間の試験航海を行い、試験航行で問題なければ数日のうちにブーベ島へ向かう出港日(出発日)を発表するとしている。

 

 海が比較的穏やかな年末年始のシーズンが終わろうとしているなか、時間との戦いになっている模様だ。

 

 

 すでに世界各地のパイロット局も以下の8名が発表されている。

 

 

・メインパイロット/北アメリカ(中央)パイロット:Wayne氏(N0UN)
・北アメリカ(東海岸)パイロット:Steve氏(N2AJ)
・北アメリカ(西海岸)パイロット:Rich氏(KY6R)
・アフリカパイロット:Andre氏(V51B)
・ヨーロッパパイロット:Alexander氏(4L5A)
・アジアパイロット: 井上康之氏(JR1AIB)
・オセアニアパイロット:Col氏(VK4CC)
・南アメリカパイロット:Val氏(PY2XU)

 

 

 パイロット局は、それぞれの地域の伝搬状況に関する情報を集めて3Y0Iチームへ伝える役目を担う。3Y0I JAサポートチームでは「彼らは非常に遠く離れた場所から、伝播に関してオープンしているバンドや時間をDXペディションチームに報告し、支援する役割を担います。ですので、DXペディション・チームの信号が聞こえましたら、あなたの地元のパイロットに連絡して、その信号の強さと時刻(UTC)を知らせてください。 DXペディション・チームは、その情報に応じてオペレーションを調整することができます」と案内している。

 

 


 

 

 2018年初め、ブーベ島からのオンエアーを試みた「3Y0Z」。このほど同ペディションチームから、ドネーション(寄付金)の一部返金についてのアナウンスがあり、JAサポートチームが翻訳し、JAとしての対応を決めたものをホームページで告知している。なおドネーションした局からの意思表明期限は2019年3月15日までとなっている。

 

↓この記事もチェック!

 

<意思表明期限は2019年3月15日まで>昨年中止された「ブーベ島DXペディション(3Y0Z)」、“ドネーション一部返金”の対応方法を告知

 

 

 

●関連リンク:
・Atlantic Tuna Sea Trial(3Y0I公式Webサイト)
・Bouvet Vessel Atlantic Tuna Ship-Tracking Rebel DX Group(3Y0I公式Webサイト)
・3Y0I_JA Support Team(3Y0I JAサポートチーム)
・Old Tweets CkaJe1(JE1CKA)
・ブーベ島(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」