hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > 【写真速報】3月10日(日)に兵庫県尼崎市で開催、「関西ハムシンポジウム2019」会場リポート


【写真速報】3月10日(日)に兵庫県尼崎市で開催、「関西ハムシンポジウム2019」会場リポート

2019年3月10日(日)、兵庫県尼崎市の尼崎リサーチ・インキュベーションセンターで、JARL兵庫県支部、大阪府支部の共催による「関西ハムシンポジウム2019」が開かれ、多数の入場者で賑わった。その模様を写真で速報しよう(詳細写真は後日掲載の予定)。

 

 

「関西ハムシンポジウム2019」多目的ホールの模様

「関西ハムシンポジウム2019」記念撮影その1

「関西ハムシンポジウム2019」記念撮影その2

 

 

「関西ハムシンポジウム」はJARL兵庫県支部、大阪府支部の共催、JARL関西地方本部の後援で開かれている、関西の“新春のアマチュア無線イベント”だ。これまで1月下旬から2月上旬に開催されることが多く、「3エリアの新春賀詞交換の場」という側面があったが、今年は3月中旬に兵庫県政150周年記念事業の1つとして開催された。

 

 会場内の多目的ホールに44団体がブースを出展。さらに小ホールと4つの会議室を使って、さまざまなセミナーなどを実施。ホール前にはアマチュア無線機器メーカー各社も展示を行った。昼には会費制による新春パーティが開かれ、アトラクションや大抽選会で賑わいを見せた。その模様をhamlife.jpの撮影で速報しよう。

 

 

会場となった兵庫県尼崎市の尼崎リサーチ・インキュベーションセンター(エーリック)。午前9時30分に撮影した写真だが、この直後からまとまった雨が降り出した

2階小ホールで行われた、アイコムの「IC-9700体感セミナー」

JAMSATによる「初心者の衛星通信入門」

JARDによる「保証業務とスプリアス確認保証」

第3会議室で行われた「新デジタルモードFT8」。午前中は入門編、午後は実践編でどちらも注目度が高かった

DXCCフィールドチェックコーナー

近畿総合通信局による電子申請相談コーナー

多目的ホールのJARL大阪府支部コーナー

多目的ホールにブースを出展した「あばうとどあ」の皆さん

リトルガンくらぶのブース

リトルガンくらぶではBluetoothタッチキーヤーの試作品を展示

BCLラジオの中古品も複数のブースで販売されていた

北神電子サービスとpupの共同ブースではSi4735DSPラジオ(Full DIP VerL 2.1部品一式セット)が販売されていた

会場内では堺市立鳳小学校ARISS臨時局「8N3OH/3」も開局していた

高校生ハムのJS2AVK 濱島さんは、IC-7300とIC-9700の自作ポータブルセットを持参。2台で8kg以上の重量があるという

昼からは2階で有料の「新春パーティ」を開催

地元・兵庫県出身のシンガーソングライター Masaco(JH1CBX)の元気あふれるミニコンサートが開かれた

新春パーティ抽選会の賞品にID-31 PLUSが登場。当選者は大喜びだった

午後からは小ホールで「JARLシンポジウム JARL役員・社員と話そう! JARLの今と未来」が開催された

JARL役員や社員などが忌憚のない意見を述べた

 

 

 

●関連リンク:関西ハムシンポジウム2019

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ソニー ハンディーポータブルラジオ「ICF-P36」               ※300件以上のレビューあり!