hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <申し込みは4月20日(土)まで>大人気のキット「CW INVADERS」がアップデートROMの頒布を実施!!


<申し込みは4月20日(土)まで>大人気のキット「CW INVADERS」がアップデートROMの頒布を実施!!

液晶ディスプレイに表示された文字を、間違わずにきれいなモールス符号を打つことで得点がアップしていくという、JQ1SRN 武村氏が製作したゲーム感覚のCW(縦振電鍵)キーイング練習キット「CW INVADERS(CWインベーダー)」が大人気だが、このほどプログラムのアップデートROM(Version5 ROM)の頒布が実施されることになった。4月20日(土)まで受け付けが行われている。

 

CW INVADERSの詳細はこちらの記事を参照↓
<12月15日にはコンテストも開催>ゲーム感覚でCW(縦振電鍵)の送信練習ができるキット「CW INVADERS」が大好評!!

 

 

ゲーム感覚のCW(縦振電鍵)キーイング練習キット「CW INVADERS(CWインベーダー)」

 

 

 JQ1SRN 武村氏のWebサイト「プロジェクト59」から、CWインベーダーROMアップデート頒布に関する情報を一部抜粋して紹介する。

 

 

CWインベーダーROMアップデート頒布のお知らせ(Version5 ROM頒布)

 

 CWインベーダープレーヤーの皆様へ、CWインベーダーのプログラムのアップデートROMを用意させていただきました。必須ではございませんが、ご検討ください。

 

・期間限定になりますので、ご了承ください。
・後で述べる①②③④⑤をすべて含めたアップデートになります。

 

 すでに、キットに同封させていただいているROMに関しては新しいものに差し替えて頒布を開始しております。従いまして、最近頒布をお受けになった方は、すでにアップデート済になります。また、今回のアップデートはゲームに大幅に影響する内容ではございませんので、現在の物をお使いいただいても問題ございません。アップデートについては、皆様のご判断でお願いいたします。

 

 下記をご覧頂き、アップデートご希望の場合は、お知らせください。

 

◆お手持ちのROM確認方法:

 

・V4:2018年12月1日以降に頒布を受けられている場合は、①②③は反映されております。以前の方は、下記①②をご覧いただき、必要かどうがご判断くだされば幸いです(ゴールデンCWインベーダーは、V4です)。

 

・V5:2019年3月20日以降に頒布を受けられている場合は、①②③④⑤すべて反映されておりますので、今回のアップデートROMの頒布は不要です。3月20日前後の頒布受け取りで、タイミングが微妙である場合は、キーダウンしながら電源ONをしてください。Menuの右に『SP』という文字が表示されていれば反映された最新ROMになります。①②③④が含まれています。

 

 

◆アップデートされる機能:

 

①長点中のチャタリング防止
 チャタリング防止機能は初期版から含まれております。しかし、キーダウンしてある程度の時間が経過しているにも関わらず接点不良で接点が瞬間的に離れるケースが、“ごく稀”にでありますが、ございました。そういったケースでも符号が切れていないとマイコンが判断するように改良しています。日頃から電鍵の接点をメンテされている場合は不要だと思いますが、特にメンテされておらず、CWイべーダーで認識率が悪いとお感じになっている場合には試す価値があると思われます。

 

②誤打時のビープ音を短くしました
 符号を誤って打って、誤り符号と同じインベーダーが存在しないとき、誤打ちとして比較的低いビープ音が鳴ります。そのビープ音の長さを短くしています。これにより、誤打したことに気が付かずに次の符号を連続送信してしまってもCWインベーダー側で認識されやすくなります。ステージ21以降のピンチな時に若干効果がありますが通常の使用においては気が付かないかもしれません。

 

③特定の符号が現れない仕様を変更
 ステージが低い場合、XやYやZが出にくい仕様にしています。ABCといった前半の符号は得意だが、後半のXYZは苦手という声があり、ステージが低いうちは、後半の符号を出さない仕様を採用しました。しかし、XYZも同様な確率で出すべきであるとの意見を多々いただきました。そこでこの仕様を撤廃しました。

 

④音を止める機能(通常のユーザー様にはご不要と思います)
 静かな場所で音なしで遊びたいとのご要望がありました。利用例としては、“新幹線や飛行機で移動中にこっそり遊びたい。スタバでコーヒー飲みながら遊びたい”など。キーダウンしながら電源ONをすると、音のON/OFFのメニューへ進めるようにしました。小型電鍵を用意すれば、いろいろな場で楽しめそうです。下記はピンポンキーを使った例です。これまで通りハイスコアーの消去機能も残しております。

 

ピンポンキーを使った例

 

⑤CW送出時に特定ピンをHレベルにする(通常のユーザー様にはご不要と思われます)
 キーでCW送出時に、ICの15番ピンがHIGHレベルになります。例えば、LEDを取り付けるとキーを押した際にのみLEDが点灯するようなことができます。前述①と組み合わせると、音を出さずに遊べます。

 

◆頒布申し込み方法:
・アップデートROM頒布受付期間:2019年4月10日~2019年4月20日
・お申込み対象者:CWインベーダー所有者様で旧VersionのROMをお持ちの方のみ
・お申し込み方法:Webサイトにあるフォームからお申込みください
・頒布費用:415円(230円(ROM1個の場合)+185円(送料))
 ※ROMをお受け取り後にお支払いください。事前のお支払いは不要です。三菱UFJ銀行へのお振込みのみになります。ご了承くださいませ。

 

◆ROMの発送について:
 ROMの発送は、ある程度ご希望者が集まってから“まとめてプログラムの焼きこみと発送”を行いますので、最大で2週間程度お時間をいただくことになります。すみませんが、ご了承ください。

 

 

 

●関連リンク:
・CWインベーダーROMアップデート頒布のお知らせ(Version5 ROM頒布)(プロジェクト59)
・CW INVADERS キット頒布(プロジェクト59)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」