hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > トピックス > <1年に1回、2mSSBが大いに賑わう「サバイバルコンテスト」を主催>「泉州サバイバルハムクラブ」が2019年3月31日をもって解散していた


<1年に1回、2mSSBが大いに賑わう「サバイバルコンテスト」を主催>「泉州サバイバルハムクラブ」が2019年3月31日をもって解散していた

JARL登録クラブ(25-4-43)として活動してきた、大阪府の「泉州サバイバルハムクラブ(JG3YIP=現在は局免許失効中)」が、2019年3月31日をもって解散したことを同クラブのWebサイトで発表した。泉州サバイバルハムクラブは、毎年1回、11月の10日間2mSSBが大いに賑わう「泉州サバイバルハムクラブコンテスト(マラソンコンテスト)」を長きにわたり開催していたことから、クラブ名を知るハムも多い。今回のクラブ解散による同コンテストの終了を惜しむ声が多く聞かれた。

 

 

 

 クラブ創設以来、昨年の2018年11月の開催で33回を数える「泉州サバイバルハムクラブコンテスト(マラソンコンテスト)」。普段は比較的静かな2mSSBも、このコンテスト期間中は大いに賑わうことでも有名で、毎年楽しみにしているハムや、コンテストを通じて「泉州サバイバルハムクラブ」を知るハムも多い。

 

 今回のクラブ解散の理由は、「誇らしい長い歴史を持つクラブ運営も、コンテスト準備・運営・集計・発表・発送作業と多岐にわたる業務が、クラブ会員の高齢化や環境の変化などによりコンテスト運営作業の継続が困難になってきたため」としている。

 

 

 泉州サバイバルハムクラブ会長からのメッセージは以下のとおり。

 

 

泉州サバイバルハムクラブのWebサイトに載った「解散のご挨拶」

 

 

 

●関連リンク:泉州サバイバルハムクラブ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」