hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <7.095MHz付近をできるだけクリアに!>フィリピンのアマチュア無線連盟(PARA)、 JARLに対し非常通信への協力要請


<7.095MHz付近をできるだけクリアに!>フィリピンのアマチュア無線連盟(PARA)、 JARLに対し非常通信への協力要請

フィリピンのアマチュア無線連盟(PARA)は、日本時間の4月22日(月)18時過ぎにフィリピン北部ルソン島で発生したマグニチュード6.1の地震よる災害に対応した支援通信を7.095MHz付近で行うため、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)に対し「7.095MHz付近をできるだけクリアにしてほしい」との協力要請を行った。

 

 

 

 報道によると、2019年4月22日(月)にフィリピン北部で起きた地震により、現地では建物が倒壊するなど大きな被害を受けている模様だ。すでに10名以上が死亡し、20名以上が行方不明との情報もある。

 

 

 JARLが日本のアマチュア無線家に発表した内容は次のとおり。

 

 

 

 フィリピンの連盟PARAからJARLに届いた情報によると、22日夕刻、フィリピン北部ルソン島で発生したマグニチュード(M)6.1の地震が発生で、フィリピンのアマチュア無線連盟PARAが7.095MHzで非常通信をおこなっている模様です。

 

 PARAは、日本をはじめ近隣諸国のアマチュア無線家に向けて「非常通信に使用している7.095MHz付近の周波数をできる限りクリアーに保って欲しい」と協力を求めています。

 

 日本のアマチュア無線家の皆さんも、被災地の混乱が収拾するまでのしばらくの間、非常通信に混信や妨害を与えないように十分に配慮してください。

 

 

 

●関連リンク:
・フィリピン北部地震で非常通信(混信や妨害を与えないように注意してください)(JARL Web)
・Philippine Amateur Radio Association (PARA), Inc.

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」